いびきがうるさい方へ いびきの原因と対策

いびきをかく人はなんと
2000万人もいるとのことです。

いびきは隣で寝ている人に、
うるさくて迷惑をかけてしまいます。

それだけでなく、
改善させないと寝ている間に
無呼吸になってしまう心配もあります。

いびきは、気道がせまくなって
しまうことによって

睡眠中に上気道(鼻腔、咽頭)に
空気が通る時に、

軟口蓋、口蓋垂などが振動して
いびきの音が発生します。

広告

いびきの原因

いびきは気道が狭くなること
によって発生します。

では、気道が狭くなる原因は
どんなことが考えられるでしょうか?

【 1.気道周辺に
脂肪がついてしまっている 】

太っている方にいびきが多いのが、
気道周辺に脂肪がついて
気道が狭くなってしまっています。

【 2.アルコールや睡眠薬の影響 】

お酒や睡眠導入薬を飲むと、
口内の筋肉が緩みます。

そうなると舌が後方(背側)に
落ち込んでしまって
気道を塞ぎやすくなってしまいます。

【 3.年齢と共に喉の筋肉が
衰えることによって 】

年齢と共に喉の筋肉も衰えます。

この喉の筋肉が衰えると、
舌が気道に落ち込みやすくなります。

結果、いびきをかきやすくなります。

【 4.扁桃や口蓋垂が大きすぎる 】

扁桃や口蓋垂が大きいことによって、
気道を塞いでしまうことにより
いびきをかきやすくなります。

子供のいびきの場合は、
この扁桃が関係していることが多いです。

【 5.鼻詰まりのせいで
口呼吸をしている 】

風邪や花粉症で鼻が詰まっている時に
口呼吸になりやすくなります。

寝ている時に口を開けていると、
舌が喉の奥に落ち込んで
気道が狭くなってしまいます。

広告

 

いびき対策

【 1.横向きで寝る 】

仰向けより横向きで寝る方が、
気道が広がりやすくなります。

【 2.いびき防止テープなどを使う 】

鼻腔を広げるブリーズライトなどの
テープを使うと鼻の通りがラクになって、
改善に繋がることもあります。

【 3.枕を高くしない 】

枕が高いと気道を圧迫して
いびきをかきやすくなります。

低めの枕か、バスタオルを丸めて
高さが5~7cm位になるよう
調整したものを使用しましょう。

【 4.生活習慣を改善させる 】

いびきがうるさい方へ いびきの原因と対策

規則正しい生活、
食習慣の改善はもちろん、

ダイエットをして気道周辺
脂肪を減らすことも大事です。

【 5.あまりにひどい場合は外科手術を 】

口蓋垂を小さくする手術も可能です。

この手術は全身麻酔をかけることが多く、
粘膜の一部を切り取るので、
1~2時間で終了するそうです。

いびきの音は、
横で寝ている人には、悲しいことに

殺意を覚えると言われるくらい
不快に思う方が結構多いのです。

家族、友人、恋人のいびきが
うるさくて困ったことはありませんか?

その際は、まず横向きに
寝かせてしまいましょう。

それでもうるさくて眠れないなら、
耳栓をして少しでも安眠を確保しましょう。

ドラッグストアや100均でも売ってる
「科学の耳栓」というのが
結構良いようです。

いびきをかいてしまう人は
ほんの一工夫、努力をして、

一緒に寝ている人と
良好な関係を築いて下さいね。