うんざりする二日酔いの原因と対処法

お酒が好きな人ほど、飲みすぎます。
次の日になると頭痛がしたり、
だるさなどの倦怠感があります。

どうしてもお酒を飲んで、
ストレスを解消したり、

1日の疲れを癒したい人もいるでしょう。

お酒を程よく飲むのはいいけれど、
1杯が2杯と止まらなくなります。

楽しく飲んで忘れてしまいたいことも
大人にはあります。

日々、楽しくお酒と付き合っていくには
知っておくべきこともあります。

あのうんざりする二日酔いは、
どうにかならないのでしょうか。

広告

3人に2人がお酒で失敗経験あり

会社での新忘年や飲み会は、
近年では少なくなってきているとはいえ、

みんなでがんばった後のお酒は、
格別なものでしょう。

会社だけではなく、
友人同士や女子会などで、

憂さ晴らしに楽しく
飲みたいものです。

お酒がどんどん進むにつれて、
無茶な飲み方をしてしまう方もいます。

羽目を外すことで、普段がまんしている
いろんな事から解放されたいのでしょう。

楽しいだけではなく、羽目を外しすぎて
失敗をしてしまいがちです。

昨日の記憶がない、眠ってしまった。
吐いてしまったなどなど。

3人に2人は失敗の経験があります。

上司がいる、会社の飲み会で
記憶をなくしていたりすると、

何かしたかもしれないと、
不安になります。

大したことがなくても、
後悔ばかりしてしまいそうです。

二日酔いの原因には、
どんなものがあるのでしょうか。

うんざりする二日酔いの原因と対処法

二日酔いの原因

さまざまな二日酔いがあります。
それぞれのタイプを見ていきましょう。

だるさや、頭痛、吐き気や食欲がない。
などの二日酔いは、
脱水症状が原因で起こりやすいです。

飲酒時に、トイレがちかいことがあります。
お酒は排尿を促がす、利尿作用があります。

頻繁に行う、排尿行為によって、
水分が不足がちになってしまいます。

ずきずき痛むあたまの痛みの場合は、
アルコールとアルコールに含まれる、

アデノシンの作用で、血管が拡張が
原因で起こる二日酔いになります。

カフェインを摂取することで、
収まっていきますが、即効性がありません。

休んでいられない時は、
頭痛薬を服用するようにしましょう。

アセトアルデビドが分解ができない。
翌日、体内に有害な物質である、

アセトアルデビドが残ったままだと、
だるさや、疲れ、吐き気があります。

しじみ汁を飲んだり、セサミを摂ったり
肝臓の働きを助けてあげましょう。

その他にも、胃から塩酸が分泌して、
吐き気がしたり、体内の酵素が不足で
起こる二日酔いもあります。

二日酔いの対処にはお水を飲もう

二日酔いになってしまった時の対策法として、
水がおすすめです。

酒と一緒に水を頼んで、
自分の好きなように飲めばいいのです。

チェイサーとして一緒に飲むよりも、
水割りにしてお酒を飲んだほうが効果的です。

炭酸水もアルコールの濃度を薄めてくれます。
薄めてはくれますが、

水と同じ要領で飲酒をすると、
アルコールの吸収を早めることに
なってしまいます。

水割りができないお酒は、
水をチェイサーとして飲んだり、

せめて寝る前に水を飲んでから
脱水症状を予防して寝るようにしましょう。

参考動画