お試しあれ 目が覚める眠気覚ましの方法

試験勉強、締めきり前など、
眠気とたたかいながら

仕事や勉強をすることはありませんか?
ただ、効率が悪い時もあるかと思います。

眠気を追い払いたい時の方法を
ご紹介致します。

眠気を覚ます方法

【 1.カフェインの摂取 】

カフェインは脳が覚醒しやすいものです。

カフェインが含まれるものは、
コーヒー、緑茶、ココア、
ウーロン茶などです。

飲んでからすぐではなく、
作用するまで約30分程時間が
かかります。

広告

【 2.メントールとキシリトール 】

メントールの香りが中枢神経を刺激し、
脳を活性化します。

キシリトールは清涼感があります。

メントールとキシリトールが入った
飴やガムを食べると、
眠気冷ましになります。

【 3.アロマオイルを使う 】

アロマオイルを使って、
芳香浴などで香りを嗅ぐと
気分がスッキリしてきます。

(1)
清涼感のあるアロマオイル

ペパーミント、ユーカリなどです。

(2)
さっぱり柑橘系

レモン、グレープフルーツなどです。

【 4.柑橘類を食べる 】

みかんやグレープフルーツなども
気分がさっぱりして、
眠気が取れやすくなります。

【 5.わさび 】

わざわざわさびを食べるのも
どうかと思いますが、

わさびと相性があう食事と一緒に
少し多めにとると眠気が取れます。

【 6.眠気冷ましのツボを刺激 】

(1)中衝(ちゅうしょう)

手の中指の爪の生え際、
親指側に3ミリ程度外側にあります。

分からなければ、
周辺をよく揉みましょう。

(2)合谷(ごうこく)

手の甲側の親指と人差し指の
間にある骨の付け根部分から
少し上の部分になります。

そこをよく揉みます。

お試しあれ 目が覚める眠気覚ましの方法

【 7.伸びをする 】

眠気がくる度に伸びをします。

持続時間はそんなに長くありません。

【 8.外に出て冷たい風に当たる 】

デスクから立ち上がって、
一度外に出ましょう。

肺に新しい空気を入れると
身体と脳に刺激となります。

【 9.冷水を当てる 】

顔を洗ったり、
手から腕まで洗ったり、

冷たい水に浸したタオルを
首に当てるのも効果的です。

【 10.炭酸飲料を飲む 】

炭酸飲料の刺激で目が覚めます。

【 11.おしゃべり 】

口を動かしたり、
人といる緊張感で
眠気が取れることもあります。

【 12.それでもダメなら少し寝る 】

何をしても
コックリコックリしてしまうなら、

15~30分位眠ってから
作業に取り掛かりましょう!

眠い中に仕事や勉強をやっても
集中でませんし、効率も悪く
ミスばかりしてしまいます。

眠気のない状態で作業できるように
上記の方法を試してみて下さい。

何をしても眠いなら、
いっそ短時間だけ眠る
仕事や勉強がはかどります。

ですが、眠り過ぎには
くれぐれも気を付けて下さい(笑)

参考動画