きてほしいのに!生理不順の原因とは

生理の周期が乱れてしまうと
女性の身体には様々なトラブルが
起きてしまいます。

生理前のイライラや
不快感が長引いてしまうなど

このことが女性にとって
とても負担になりますよね。

そこで今回は、生理不順の原因になるものを
いくつかご説明しますね。

広告
ヘルスケア

生理不順の原因

1.肥満とダイエット

肥満になると、
健康を害するだけでなく

女性の生理不順をも
引き起こす要因となります。

肥満の方は、血液の循環が悪く
体脂肪も多いため、

脂肪の中に卵胞ホルモンが
溜まってしまい、

排卵を起こしにくく
してしまうのです。

排卵の時期によって
生理周期は変動するため

排卵障害を起こす
可能性を高めることから

肥満は生理不順の原因である
とされているのです。

また、過度なダイエットにより、
女性ホルモンが減少してしまうと、

生理不順になってしまうこともあります。

体脂肪が低すぎても、
生殖ホルモンに悪影響を与えるため

バランスの良い食事と
適度な運動を心掛け

適正体重を維持するようにしましょう。

2.冷え性と乱れた食生活

夏になると、暑さから
冷たいものを摂りがちですが

身体の中が冷えてしまうことにより
子宮や卵巣までもが冷えがちになり

生理周期を狂わせてしまう
原因になってしまいます。

また、食生活が乱れることにより
女性ホルモンの分泌を妨げてしまうため

コンビニ食で食事を済ませたり
脂肪分の多い食事ばかり摂取していると
生理不順を引き起こしてしまいます。

ホルモンバランスを整えるには
食事を見直すことから始めてみましょう。

大豆イソフラボンは
女性ホルモンと同じ働きをするため

女性ホルモンの減少や
生理周期の乱れの改善に
効果があるといわれています。

豆腐や味噌、納豆や豆乳などの
伝統食を積極的に普段の食生活に
取り入れるようにしていきましょう。

参考動画