つらい胸やけの原因と解消法

気が付くと胃がムカムカとして
不快感を感じる。

食べ過ぎかな?お酒の飲み過ぎ?

後悔しても不快感は治まりません。

そんな胃もたれの原因や
解消法を紹介していきます。

ほんの少し気を付けるだけで
胃の不快感から解放されます。

胸やけの原因

胸やけの原因として
直ぐに思い当たるものは
食生活ではないでしょうか。

食生活が乱れると
消化がスムーズに行われないので

食べる量が多いと、
胃酸が多く分泌されて

広告

胃がムカムカしたり
胃がキリキリと痛む症状が出ます。

食べ過ぎだからだから
と言う訳ではありません。

ダイエット等でも
胸やけを起こす事もあります。

胃が機能する際に物がない状態で胃酸が
分泌されるので刺激され
胸やけ引き起こします。

お酒でも胸やけを引き起こす事もあります。

飲み過ぎた次の日の二日酔いです。

アルコールは胃液の分泌に
大きく関わっています。

アルコールの分子はとても小さいもので
胃液の粘膜通り抜け胃を直接、刺激します。

適量のお酒は消化を助ける効果がありますが
多量に飲むと胃に負担をかけ、
胸やけを引き起こします。。

食べる事や飲む事には関係ないですが
ストレスも原因の一つです。

ストレスを感じる事で交感神経、
副交感神経に影響を及ぼします。

特に副交感神経に影響を及ぼし
高ぶった状態になってしまうと
胃酸過多の状態になります。

食べ過ぎた時と同じで
胃酸が過剰に分泌されるので
胸やけを起こしてしまうんです。

胸やけの解消法

胸やけにならない為に、
なってしまった時は
どうしたらいいのでしょうか?

まず、ならない為には
食生活に気を付けます。

どうしても、食べ過ぎてしまう人は量に
気を付けるようにしましょう。

お酒もそうですが、適量が一番です。

また食事や飲み物でも
量は多く食べていないのに
胸やけを起こす方は、

甘い物を控えたり、辛い物や
酸味の強いものを避けましょう。

特にトウガラシ等の刺激のある香辛料や
レモン、柑橘系の飲み物、
コーラ等の飲み物は要注意です。

胸やけを解消する手軽な方法として、
食後にガムを噛む事はおススメです。

ガムを噛む事で唾液の量が多くなるので
胸やけの症状が出にくくなります。

また、牛乳を飲む事
酸から胃を守る事も出来ます。

応急処置として
牛乳を飲む事もおススメです。

胸やけ以外にもあらゆる影響を
及ぼすストレス。

改善方法は人それぞれ違います。
ストレスを溜めても良い事はありません。

趣味楽しんだり、体を動かしたりして
ストレス発散する事で
胃酸過多を防ぐ事が出来ます。

他にも寝る際に上半身を高くして
寝る事で胃酸の逆流を防ぐ効果があります。

症状が酷い時には睡眠スタイルにも
工夫を入れてみると症状が軽くなります。