やりすぎ厳禁!睡眠導入剤の副作用と依存症

心配事があってなかなか眠れない、
緊張・不安・強いストレスなどで

睡眠障害に陥ってしまい、
なかなか改善されない場合、

一般に睡眠導入剤
使うという方法があります。

特に睡眠薬の中でも、
作用時間の短いもの
睡眠導入剤と呼びます。

この睡眠導入剤は、
感情を安定させてリラックスさせ、

覚醒中枢の働きを弱めて
脳を眠りやすい状態にします。

睡眠導入剤は、
神経の興奮を鎮める効果があるので、
抗不安薬に分類されます。

不眠症は、不安障害と同じく、
神経が緊張状態に置かれていることが
原因で起こります。

睡眠導入剤には種類があります。

広告

睡眠導入剤の種類

【 1.ベンゾジアゼピン系 】

現在主流の睡眠導入剤で、
微妙な構造の違いによって

効き目が変わるので、
様々な種類があります。

【 2.非ベンゾジアゼピン系 】

ベンゾジアゼピンに似た働きをし、
副作用が少ないです。

【 3.抗ヒスタミン系 】

本来はアレルギーの抑制薬として
使われていて、副作用として
眠気が出ることを利用したものです。

睡眠薬は、飲み過ぎると
生命に関わるイメージがありますが、
現在はより安全な薬に開発されています。

ですが、指示通り飲まないと
心身に影響を及ぼすこともあります。

広告

 

睡眠導入剤の副作用

睡眠導入剤を飲むことで
どんな副作用が出るのでしょうか?

【 1.依存してしまう 】

睡眠導入剤がないと眠れない状態に
なってしまいます。

【 2.脱力感 】

脱力感が出て、
モチベーションが
低下してしまうこともあります。

【 3.肝臓に負担がかかる 】

黄疸が出てしまうこともあります。

【 4.妊娠中や授乳中に飲むと子供に影響が 】

妊娠後期は特に、大きなお腹が
圧迫されて眠れなかったり、

もうすぐ始まる出産に
眠れなくなることもありますが、
子供の事を第一にここは辛抱しましょう。

【 5.身体的症状が出る 】

めまい、ふらつき、頭痛、
耳鳴り、ドライマウス、痙攣などの
症状が出ることもあります。

【 6. 精神的症状が出る 】

興奮、焦燥、妄想、幻聴、幻覚、
感覚過敏などの症状が出ることもあります。

【 7.起きた後の眠気やふらつき 】

中〜長時間作用型の睡眠導入剤は、
翌朝起きた時に眠気やふらつき
出てしまうことがあります。

【 8.眠りが浅い 】

睡眠導入剤を使うと、
眠りが浅くなりがちです。

その為、なるべく
作用時間の短い薬が望ましいです。

【 9.記憶障害 】

睡眠導入剤を飲んで、
眠りにつくまでの記憶が
なくなることがよくあります。

特にベンゾジアゼピン系の薬は
この記憶障害が起こりやすくなります。

【 10.日中眠い、ふらつく 】

夜飲んで、朝起きた時に
まだ日中に眠気が残ることもあります。

睡眠導入剤の依存症

やりすぎ厳禁!睡眠導入剤の副作用と依存症

【 1.依存から抜けられない 】

依存には2種類あります。

(1)精神的依存

服用を止めると不安になって、
薬がないといられない症状です。

(2)身体的依存

服用を止めることで、禁断症状が出て、
不眠の症状が悪化してしまうことです。

【 2.効き目が薄くなってしまう 】

睡眠導入剤は、
一定期間飲み続けることで
効き目が薄くなってきます。

やがて薬の量を増やさないと
効かない状態になってしまいます。

【 3.退薬症状 】

不眠が改善されたからと
突然服用を止めると、

頭痛・不安・筋肉痛などの
退薬症状が出ることもあります。

薬の量をうまく調整しないと
依存から抜けられなくなったり、

耐性がついてしまったりするので、
医師の指示に従って、
自己判断で飲むのは止めましょう。

導入剤の前に、サプリメントを飲もう

■夢のしずく

10年間休めなかった人でも、満足に休めるようになったサプリ「夢のしずく」。

夢のしずくには、北海道でのびのび育ったアスパラガスから抽出された
休息成分誘発物質が配合されています。
(この成分抽出成功は世界初)

元々休めなかったスタッフが自分のために発見したところから
商品化になりました。

1日わずか107円でぐっすりとした睡眠を手に入れることができますよ。

■グッドナイト27000

モンドセレクション金賞受賞の睡眠・休息サプリ「グッドナイト27000」。

グッドナイト27000に配合されているL-テアニンには、
良質な睡眠をサポートする効果があることが報告されていて、
検証結果でも明らかな違いが出ています。

睡眠の質を上げるために、
美容に気をつかうモデルさんたちにも人気のサプリです。

先着500名限定で80%オフのキャンペーンも開催中です。