わずか30秒で肩こりが改善するあべこべ体操は知らないと損

不思議なネーミングの

「あべこべ体操」の

効果をあなどるなかれ!

わずか30秒で、つらーい肩こりを
解消させ、身体のバランスまで整えて
くれるというミラクルな体操です。

一体どんな体操なのでしょうか?

早速ご紹介していきます♪

あべこべ体操のやりかたも必見ですよ。

広告

あべこべ体操とは

30年以上も体力づくりなど、
健康に携わってきたプロフェッショナル
北洞氏が考案した健康体操です。

ポイントは、

「普段動かない動きをすること」

だそうです。

例えばこんな具合です。

手足は動かさず、胴体だけ動かす。
身体の一部を反対方向に動かす。

一見不思議な体操ですが、
肩こりなどの筋肉のコリが起こる
メカニズムから考えられているのです。

筋肉が緊張し、縮んでしまい
本来の収縮性を無くすと、
コリやハリが引き起こされます。

そこで、普段と違う動きをして
筋肉を気持ちよく動かしながら血流をあげ

コリやハリを取り除くのが
あべこべ体操なのです。

また、このあべこべ体操は
コリが起きにくい状態に

身体の全体のバランスを整えるという
再発防止の効果もあります。

あべこべ体操のやり方

では、体操を初めてみましょう。

(1)
楽に背筋を伸ばし、椅子に腰掛けましょう

【 現状のチェック 】
⇒首や背中の筋肉のッパリを把握

(2)
天井を見上げ、
今度はおへそを覗きこみます。

(3)
首を元に戻し、首をゆっくり廻します。

【 あべこべ体操 -基本- 】

(4)
首の後ろで両手を組み、
頭の後ろにもってきましょう。

※軽く背中を反らす

(5)
天井を見上げ、今度はおへそを
覗きこみます。

※肘を閉じる

【 あべこべ体操 -1- 】

●目と頭を逆に動かす

(6)
天井を見上げ、目線を下にします

(7)
頭を下げる姿勢で、目線は上にします。

【 あべこべ体操 -2- 】

●頭と背中を逆に動かす

(8)
天井を見上げ、背中を丸めます。

(9)
頭を下げる姿勢で、背中は反らす。

【 あべこべ体操 -3- 】

●お尻をフリフリ

(10)
右手を左の指先を耳にひっかけて
首を右に倒します。

※右お尻を浮かせて、左のお尻に重心

11.10の状態
※左お尻を浮かせて、右のお尻に重心

*左手で反対側も行いましょう。

では、体操の効果を確認する為に、

【 現状のチェック 】(2)、(3)を
試してみて下さい。

参考動画