インフルエンザの子供の症状と予防方法

およそ毎年11月頃から翌3月まで、
インフルエンザが流行します。

ピークは1~2月ですが、
3月に入っても気を抜いてはいけません。

大切な仕事でどうしても休めない、
受験の時だけはかかりたくない、
海外旅行に行くからその時だけは、など

どうしてもかかりたくない
という時もありますよね。

このインフルエンザ、
よく言われる

「手洗い」「うがい」「マスク」

きちんと行うのはもちろん、
何か他に予防出来ることは
ないのでしょうか。

広告

インフルエンザと風邪の症状の違い

風邪とインフルエンザの症状は
似ているとよく言われます。

なので、風邪だと思って
市販の解熱剤を飲んだら

重症化してしまった
なんてことがあっては大変です。

この風邪とインフルエンザは
どう違うのでしょうか?

【 風邪 】


発症時期

季節問わず年中かかります。


初期症状

喉の痛み、鼻の症状などが出ます。


主症状

発熱、咳、喉の痛み、鼻水、鼻づまり、
くしゃみなどの症状が出ます。


症状の進行

ゆっくり進行します。


発熱

37度~38度の熱が出ることが多いです。


寒気

軽いことが多いです。


鼻水、鼻づまり

引き始めから出ます。


合併症

少ないです。

広告

【 インフルエンザ 】

インフルエンザには、
季節性と新型があります。

またA型、B型、C型
タイプが大きく分かれ、
毎年流行の型が違います。

インフルエンザの予防接種も、
どの型が流行するかを予想し、

シーズンの予防接種として
使われるそうです。


発症時期

冬に流行します。

11月~翌年3月位までで、
ピークは1~2月のようです。


初期症状

悪寒、38度以上の高熱、関節痛、
筋肉痛、全身症状が急激に現れます。

急激に症状が進み、
38~40度の熱が
いきなり出ることが多いです。


主症状

発熱、関節痛、筋肉痛、頭痛、
全身の倦怠感などが出ます。

ですが、中には高熱が
出ないこともあるので注意が必要です。


症状の進行

急激に進行します。


発熱

38度~40度の高熱が出ます。


寒気

強いことが多いです。


鼻水、鼻づまり

数日後から出ることが多いです。


合併症

インフルエンザの怖さは、
身体の機能の抵抗力があまりない
乳幼児など10歳未満の子供や高齢者に
感染しやすく、

かつ重症化や合併症が発生する
可能性もあるのです。

中でもインフルエンザ脳炎・脳症などは怖く
6歳以下の子供に多く、

ぐったりしたり、意識障害、痙攣などの
症状が出たらすぐ医師にかかりましょう。

インフルエンザ脳炎・脳症にかかると
死亡率は10%にもなるそうです。

後遺症も残ってしまいます。

他にも、
中耳炎、熱性痙攣、肺炎、気管支炎、
ひきつけ、脱水症などがあります。


潜伏期

1~3日の潜伏期間があります。


診断

インフルエンザの「迅速診断法」で、
鼻腔内の粘液を
細い綿棒のようなもので採取して
7~8分で診断がつきます。


治療法

熱が出たからと自己判断で
安易に解熱剤を使うのは止めましょう。

インフルエンザかもと思ったら、
24時間以内に医師にかかって
治療を始めれば、
回復も早く済みます。

タミフルやリレンザなどの
抗インフルエンザ薬に加え、

風邪などの症状もあれば
それらを緩和させる薬も処方されます。

インフルエンザの予防方法

インフルエンザには
出来たらかかりたくないものです。

予防法をいくつか挙げます。

1.
手洗い

時間をかけて丁寧に正しい手洗いを
行ないましょう。

アルコール除菌も有効です。

2.
うがい

1と2は外出から帰ったら習慣づけましょう。

3.
マスク

しっかり口と鼻と顎を覆いましょう。

インフルエンザにかかっている人の
1回の咳に含まれる

インフルエンザウィルスの数は
約60万個と言われます。

極力侵入を防ぎたいですね。

4.
インフルエンザの予防接種

効かない、打つべきでないなど
一部で言われておりますが、

打つことによって、
かからなくするのは不可能でも
重症化は防げるようです。

5.
ビタミンDと亜鉛を摂取

風邪にビタミンCが効果的と言われますが、
ビタミンDや亜鉛も
是非摂取して欲しい栄養素です。

免疫自体をサポートする効果があります。

ビタミンDは魚類、
亜鉛はナッツ類や海苔に含まれています。

6.
砂糖の摂取を控える

砂糖を多く摂ってしまうと、
免疫力を下げてしまうそうです。

おやつで甘い物を摂りたいなら、
フルーツや蜂蜜(喉の痛み、咳)を
食べるようにしましょう。

7.
腸内環境を整える

ヨーグルトに含まれる善玉菌が
最近注目されております。

腸内に善玉菌を増やし、
免疫力強化、感染症罹患予防になります。

無糖ヨーグルトに蜂蜜をかけて
食べるのが良いでしょう。

8.
ストレスを溜めない

ストレスが多いと、
免疫力が下がり、
病気にかかりやすくなってしまいます。

9.
人混みは避ける

インフルエンザは、
飛沫感染と接触感染が主な感染経路です。

10.
しっかり睡眠、しっかり栄養を摂る

11.
室内の換気、加湿

ウイルスは空気の乾燥に強いのです。
また空気中で
ウイルスが舞いやすくなります。

喉や鼻や気管支の粘膜の
防御機能も低下してしまいます。

インフルエンザウイルスに負けない
免疫力を強化をさせることも大事です。

インフルエンザかも・・・と
思ったら早めに病院にかかりましょう。