ギリリ、気になる歯ぎしりの原因と予防法

寝ている時の歯ぎしりの悩み。

同居している人から注意されて、
どうしたらいいのか困ります。

歯ぎしりは自分だけではなくて、
およそ15%もの人が行っている
と言われています。

意外にも多くの人が行っている
歯ぎしりですが、実は怖いものです。

歯を擦り合わせているので、
長時間の歯ぎしりは、歯を削ります。

1日に何十分も歯へかかる負担は
とんでもない力です。

やがて歯が削れて、力なく折れたり
することもあるでしょう。

ひどい場合は、歯周病になったり、
顎関節症にもなりかねません。

せめて日中にも歯ぎしりのくせが
ある方は十分注意しましょう。

原因にはどんなものがあるのでしょうか。

広告

歯ぎしりの原因

ぎしりぎしりと音が鳴っているのは
隣で寝ている人にとっては
びっくりする音です。

歯ぎしりは、同居する人などにも
嫌な思いをさせてしまう生活音です。

噛み合わせが悪いことが、
原因とされてきましたがその逆です。

歯ぎしりをするせいで、
噛み合わせ悪くなっているのです。

一番の原因とされているのは、
現代病の代表格であるストレスです。

ストレスを睡眠時に、
歯ぎしりで発散しようとしています。

日常には加えることがない力が
歯に負担していきます。

たとえストレスが緩和されても、
思いもよらない歯への影響は
大きくなります。

飲酒や喫煙なども歯ぎしりの原因で、
身体への負担はかなりのものです。

歯ぎしりは、浅い眠りの時に
行っていることが多いです。

ストレスや飲酒、喫煙は睡眠を浅くし、
歯ぎしりを起こしやすくしています。

広告

 

歯ぎしりの予防法

ギリリ、気になる歯ぎしりの原因と予防法

たしなむ程度のたばこやお酒ならば
ストレスも発散になりそうですね。

いまの現代社会は女性にも
多くのストレスがつきまといます。

日常生活の基盤をしっかりして、
生活のリズムを整えましょう。
やはり規則正しい生活は基本です。

また自分の体へご褒美をあげること
などを考えて、
ゆとりを持つようにしましょう。

心へ安らぎを与えてくれるアロマや
ハーブティーなどで気分転換してみましょう。

ほっとするひと時も大切です。
すっきりとした気分で睡眠できるでしょう。

歯自体に対策を考えるならば、
マウスピースの購入も考えてみて下さい。

歯を擦らないようにできるアイテムです。

マウスピースは市販もありますが、
歯科医で、自分の歯に合わせて
作ることもできます。

噛み合わせが気になる人は
歯科医で調節してもらいましょう。

参考動画