体調不良の原因に 夏の冷房病の原因と対策

これから冷房が必要な
暑い夏がやってきます。

つい涼しくてつけたままだったり、
職場では当たり前のように
冷房がついていたりします。

特に冷え症の方は、
暑がっている人に合わせて
無理されていませんか?

しっかりと対策をして
冷えから身体を守っていきましょう。

広告

冷房病とは

冷房によって身体が冷えて、
体調を崩すことを

「冷房病」 と言います。

また、冷房が利いた室内から
暑さのある屋外に出ると、

その温度差でも
身体の調子が悪くなったりもします。

冷房病は冷房の利いた室内にいることで、
自律神経が乱れてしまうのです。

原因は、涼しい室内から
暑い屋外へ出ることで

温度差で自律神経が
乱れてしまうことです。

本来は夏は血管を拡張させて
熱を逃がし、冬は血管を収縮させて
熱を溜めこみますが、

冷房のせいで身体のそれらの機能が
混乱してしまうのです。

症状としてはだるさ、肩こり、
風邪、頭痛、冷え、食欲不振、

神経痛、下痢、不眠、のぼせ、
めまい、便秘、肌荒れ、疲れやすい、
生理不順などです。

広告

 

冷房病対策

【 1.室温設定を24~28度に 】

外気温差は5度以内が望ましいです。

【 2.1日3食しっかり食べる 】

朝は食べない、昼も抜いてしまった
などしてしまいがちですが、

3食食べることで熱を産生
身体が冷えにくくなります。

特に身体の熱を作る元となる
たんぱく質を摂るよう心がけましょう。

【 3.運動をする 】

急に何か運動せねばと気負わず、
エスカレーターやエレベーターの
使用を階段にしてみる、

一駅分歩いてみる事から始めたり、
軽くウォーキングしたりして
身体が温まる程度の運動をしてみましょう。

【 4.冷えに効果的なツボを押してみる 】

築賓(ちくひん)というツボが
冷え症には良いです。

ふくろはぎ内側の脛の
中間辺りにあるツボを押してみましょう。

【 5.衣服を調整する 】

身体を冷やさないように靴下、
カーディガンを着る、

ひざかけをかけるなどして
身体が冷えないようにしましょう。

【 6.入浴時によく身体を温める 】

体調不良の原因に 夏の冷房病の原因と対策

夏は暑いからといって
シャワーだけで済ませず、

バスタブにゆっくり浸かって
温まりましょう。

【 7.身体を温める食べ物を食べる 】

根菜類、生姜、ココア
ニンニク、ニラ、ネギなどの
野菜は身体を温めます。

鍋にしたりするのも温まります。

冬に出回る野菜の多くは身体を温めます。

【 8.冷房や扇風機の風が
あまり当たらない場所へ行くようにする 】

冷房や扇風機が当たって
寒いまま我慢していませんか?

風向を変えたり、席を移動するなり
寒くならないように意識しましょう。

ついつい仕事や勉強に夢中で、
エアコンがガンガン利いていても
そのままだったりしませんか?

寒過ぎないか気にしましょう。

出来るだけ外気温との差が出ない方が、
身体の自律神経を乱すことも
少なくなります。

かと言って、室内が暑いのでは
仕事や勉強の効率に支障が出てしまいます。

暑くない程度の涼しさがベストです。

ぜひとも徹底して冷えから身体をまもり
快適な夏をおすごし下さいね♪