便秘の方必見!ねじれ腸マッサージをお試しあれ

女性の多くが悩むのが便秘です。

酷い方は1週間以上出ない!
この状態はきついですよね。

便秘の対処法は沢山ありますが、
何をしても改善がみられない人が
ほとんどじゃないでしょうか?

改善がみられない方、
ねじれ腸かもしれないです。

テレビでも耳にする
ねじれ腸とは一体何でしょうか?

広告

ねじれ腸チェック

ねじれ腸とは、名前の通り
腸の一部がねじれて
しまっている状態の事です。

腸がねじれているので
排便の際に詰まってしまい
便秘になりやすくなってしまいます。

また、溜まった便の重さで
腸が伸びてしまうので

絡みやすくなって、
ねじれてしまいます。

ねじれ腸になる事で
悪循環になってしまうんです。

まず、自分がねじれ腸か
どうか気になりますよね。

ねじれ腸かどうかは
自分で調べる事が出来ます。

ねじれ腸の条件は

・便秘に痛みが伴う
子供の頃から便秘がち
・便秘になった後に下痢になってしまう
・運動をしなくなると便秘になる

上記に当てはまる人
はねじれ腸の可能性が
とっても高いです。

このねじれ腸は
遺伝的なものが大きいです。

完全な治療は難しいので
改善の為にはマッサージ等が
一番効果的と言われています。

広告

ねじれ腸マッサージ

それでは改善の為に、
どのようなマッサージが
一番効果的なんでしょうか?

テレビでも話題になっている、
ねじれ腸マッサージ。

これはねじれ腸を
治すものではありません。

ねじれ腸は完治は難しいです。

このマッサージをする事で
詰まった便を移動させる事
が出来るんです。

便が移動する事によって
便秘の解消に繋がります。

マッサージはとっても簡単です。

ねじれやすい場所は下行結腸
横行結腸、S字結腸の3箇所です。

場所によってやり方も違ってきます。

【 下行結腸 】

仰向けになって両膝を立てます。

腰の下にクッション等を入れて
高くしたら左の肋骨の辺りから
骨盤にかけて両手で押していきます。

腸を揺らしているイメージで1分間行います。

【 下行結腸、横行結腸 】

立った状態で両足を肩幅に開き、
両手を水平に伸ばして
体を左右にひねります。

お腹を揺らしているイメージで時間は1分ほど。

【 S字結腸 】

おへそから恥骨にかけて、
両手を使い指で押していきます。

次に恥骨からおへそに向かって腸を
持ち上げる様にマッサージします。

おへそから恥骨に
恥骨からおへそを各1分ほど。
腸を揺らすイメージで行います。

このマッサージを1セットと考えて
一日2セットがベストです。

一番効果が上がるのは
朝食前と寝る前です。

一日8分間のマッサージ
便秘が解消出来るなら
試してみたいですね。

参考動画