唐辛子のパワーで冷え性対策

唐辛子は食べるだけではなく、
冷え症にまで効くとは
驚かれる方もあるかもしれません。

ですが、手軽に取り入れられる
唐辛子のカプサイシンの力
毎日の生活を温かくしましょう。

カプサイシン

唐辛子といえば、
日本のお隣の韓国では
キムチの材料になったり

他にも多くのメニューに使用されている
とても身近な野菜です。

世間でもおなじみの
そして料理にも使いやすい香辛料です。

その唐辛子の主な成分となるのが
カプサイシンです。

広告

冷え症に対しても
様々な部分で効果を発揮してくれます!

その効能としては、
カプサイシンの入った料理を食べると

脳を刺激する辛み成分により
体の中から温めることになります。

そしてそのカプサイシンの辛さには
体をポカポカとさせて

体内の血液の流れが良くなり
冷え症の改善にもなっていきます。

ただし、唐辛子は刺激物であるため
1日に摂取できる量は控えめにして

含まれるカプサイシンについても
1mgまでにします。

これは粉末の唐辛子で言えば
小さじスプーンにほんの少し程度です。

冷え症には自覚しやすいものから
隠れ冷え症といって
自分で気づいていない場合もあります。

この時には手足は温かいけれど、
体温が日頃から低いなど

ご自分の体に関心を持たないと
自覚のない場合があります。

ピリ辛料理がお好きな方は
日頃から少しずつカプサイシンを意識し
食べておくことも良いかもしれません。

しっかりと成分を摂取したい時には
カプサイシンの成分は

真ん中の種の周りに
一番多く存在しています。

そういった部分も意識して
お料理に使われると
冷え症にも効果が発揮できます。

広告

 

身に着ける唐辛子

女性にとっての冷え症とは
特に大きな悩みですよね。

それというのも冷え症は
美容の面や婦人系の病気にも
繋がる、やっかいなものです。

そんな時には、唐辛子に含まれる
カプサイシンの力を利用して
体を温めるのがおすすめです!

一般的に唐辛子を利用するといえば
ピリ辛料理などで体内に取り入れます。

ところが生活の中で身に着けることでも
冷え症の改善の手助けになります。

例えば販売されているものになると
冷え性対策には靴下があります。

唐辛子の辛み成分のカプサイシンが
靴下の生地の繊維に含まれており、
温かさを感じる仕組みになっています。

そして、意外なところでは
香水に使われていることもあります。

唐辛子特有の辛み成分からなのか
つけると刺激があるそうです。

唐辛子のパワーで冷え性対策

香りについては
爽やかなもので、唐辛子のにおいを
楽しむものではないようです。

また、手作りで身につけられるものを
作ることもできます。

それは、唐辛子を布でくるんで
靴下にそっとしのばせておくことも
足先の冷えには効果的なのです。

こちらは昔から冬場に冷え込む地域で
取り入れられていた方法です。

冷え性で悩んでいる方は
足先の冷えがつらいことも多いため

血行を良くするためにも
ぜひ取り入れてみてはいかがですか。

このようにカプサイシンの力を利用し
冷え性対策に役立ててくださいね。