外反母趾改善のためのテーピング方法

ヒールの靴、先の細い靴、華奢な靴、
足に合わない靴を履き
足に無理な負担をかけて、
外反母趾になっていませんか?

歩くのが憂鬱になったり、
靴も履きたくない位痛くなります。

軽傷重症問わず、
女性の8割は外反母趾なのだそうです。

広告

どうすることも出来ず、
そのままにしていてはいけません。

とにかく痛みを取ることが先決です。

きちんとした方法でテーピングをすると、
痛みが和らいできますので、
外反母趾で悩む方は是非行ってみて下さい。

外反母趾のテーピング方法

ダンサーやパフォーマーなどの
ハードな動きをする人も、

テーピングでだいぶ痛みが和らいで
動くことが出来るそうです。

あまり複雑な巻き方でないものを
ご紹介致します。

用意するもの

★キネシオテープ

25mm幅で5マス(約25cm)を1本
(片方の端に1cm程切込みをいれます)

25mm幅で6マス(約30cm)を1本

50mm幅で5マス(約25cm)を1本

【 1 】

①のテープを用意します。
切込み側を親指の爪の根本
(甘皮位の位置)の横に貼ります。

※全部テープを剥して、
一気に踵まで貼らないで下さい。

【 2 】

切込みが入ってる片側を親指の下から、
もう片側を親指の上側を通って
親指に上下にかけてクルリと巻き付けます。

【 3 】

外反した親指を軽く引っ張りながら、
足の横側(アーチ側)に
テープを固定します。

【 4 】

そのまま踵の後ろを通って、
足の外側にまわして貼ります。

【 5 】

②のテープを用意します。
親指と人差し指の間にテープを入れ、
親指の爪の手前から親指の内側を通って、

外側に回転した親指を
軽く内側に回しながら(本来の親指の位置)
テープを引っ張り貼ります。

【 6 】

そのまま、足の甲の前を斜めに通って、
踵の後ろへ回します。

先程踵にまわしたテープと重なるように
貼ります。

1から6で親指の回転を抑えます。

【 7 】

③のテープを用意します。
③のテープを小指側をやや短めに、
足の甲の部分にテープを当て、
アーチを上げながら下を通って
小指に回します。

親指から小指までの横ラインが
平たくなるような感じにイメージして
クルリと1周巻きます。

親指と小指の間の横アーチが
落ちないようにサポートしていきます。

やや強めに巻いていきます。
ですが、矯正しようと
あまり強く巻き過ぎないように
気を付けて下さい。

テーピングは固定力が強く
矯正力があります。

痛みがラクになっていくでしょう。

参考動画