夜型女子へメタボリック症候群には気を付けて

メタボ=中年男性の肥満。

こう連想される方が多いと思いますが、
メタボリック症候群は

年齢・性別に関係なく
誰でもなり得る危険があるのです。

現代では、夜型生活が
当たり前となっており

帰宅後、夕食を摂る時間帯が、
平均的にかなり遅くなっています。

仕事だから仕方ない。

そう思って気にせず食べていませんか?

広告

夜型生活の落とし穴

そういった夜型の生活を続けることにより、
思わぬ落とし穴が潜んでいるのです。

まず、夕食後から
就寝するまでの時間についてですが、

夕食が遅くなればなるほど、
短くなってしまいますよね。

これは、肥満の大きな原因
となってしまうのです。

夜は、副交感神経により
体が休息状態に入ります。

また、その働きにより
食べ物の吸収率が上がるため、

余分な栄養を蓄え、
脂肪がつく原因になるのです。

この状況を続けていくことにより、
内臓脂肪の増加につながり、

気づけばお腹周りだけぽっこりと出た
隠れ肥満の状態に。

そんな働き女子の隠れ肥満・隠れメタボ。
今日から一刻も早く手を打ちましょう!

 

広告

 

メタボ予防

1.朝食を食べる習慣をつける

夜型生活を続けていると、
朝は食欲がないからと、

朝食抜きの生活に慣れていませんか?

これは、夕食を摂る時間が遅いため、
体のリズムが崩れてしまっているのです。

しかし、夕食を抜いてしまうと
逆に朝食を食べ過ぎてしまう恐れも。

そこで、毎日の帰宅時間が遅い方は
野菜、汁物のみの夕食を心掛けて下さい。

そうすることにより、
朝には程よい空腹感があり、

朝食を摂ることが
苦にはならなくなります。

夜型女子へメタボリック症候群には気を付けて

2. 1日の内、ご飯orパンは1回だけ!

糖質の摂取を一切禁じてしまうと、
せっかく減量に成功しても、

リバウンドを引き起こしたり
イライラし易くなってしまう事もあります。

しかし、糖質を過剰に摂取することが
体に及ぼす影響は見過ごせないものばかり。

余分な糖分は、肌のくすみの
原因にもなるのです。

そこで、無理なく糖質を制限するため、
朝、または昼のどちらかのみ、

炭水化物や甘い果物等を
食べるようにして下さい。

3.夜のスマホはほどほどに

寝る前にスマホをずっと見ていると
自律神経の乱れに繋がり、

疲れているのに眠れない…。などの
不眠状態を作りだしてしまう恐れもあります。

また、自律神経が乱れることで、
代謝は下がり、肌あれ、

消化不良の原因にもなりますので
眠くなったら部屋を暗くし、

目を閉じてリラックスしながら
休むようにして下さいね。

いつの間にか、
ウェスト周りが90cm!?

なんてことにならないように、
今すぐメタボ予備軍を抜け出しましょう!