女性要注意 ドライマウスの原因と予防法

ドライアイはよく聞きますが、
このドライマウスとは
一体どういう症状なのでしょうか?

ドライマウスはその名の通り、

唾液が少なくなって
口の中が乾燥しやすいことです。

日本には 「ドライアイ」 の方が
約800万人いると言われます。

その患者の多くが、
ドライマウスの症状になりやすいそうです。

唾液の分泌が減って口の中が乾燥すると、
口のねばつき、食べ物が飲み込みづらい、

歯垢の増加、口臭、歯周病、口内炎、
痰の細菌が肺に入りやすくなって

肺炎になりやすく、風邪や感染症にも
かかりやすくなってしまいます。

酷くなると、舌が痛くなったり、
食べ物が飲み込めない、

発音しづらいなどの症状にも
なってしまうこともあります。

広告

ドライマウスの原因

【 1.加齢によって 】

ドライマウスの患者の多くは中高年層で、
更年期の女性がかかりやすくなります。

唾液腺を含む外分泌腺は、
女性ホルモンが減少してしまうと
発症リスクが高くなってしまいます。

【 2.ストレス 】

ストレスによって
自律神経が乱れてしまいます。

自律神経が乱れると、
唾液の分泌が
正常に行われなくなってしまいます。

【 3.薬の副作用 】

薬の副作用に、
よくあるのが口渇の症状です。

高血圧、抗ヒスタミン薬、鎮痛剤、
抗うつ剤などは、
ドライマウスになりやすいようです。

【 4.病気によるもの 】

糖尿病、脳血管障害、腎不全などの
病気で症状が出やすくなります。

また、シェーグレン症候群といって
自己免疫疾患で目の乾きや

唾液の分泌が少なくなる症状の
病気もあります。

【 5.口呼吸やいびきによって 】

眠っている時に、口で呼吸をすると
口の中が乾きやすくなってしまいます。

起きたら喉が痛かった経験は
ありませんか?

もしあったならば要注意です!

広告

 

ドライマウスの予防法

【 1.よく食べ物を噛んで
唾液の分泌を促す 】

よく噛んで食べ物を食べるようになると、
唾液の分泌が良くなってきます。

また、食事を摂っていない間は
飴やガムを食べて、
唾液を分泌させると良いでしょう。

【 2.飲み物をこまめに飲む 】

口の中が乾いたなと思ったら、
こまめに飲み物を口に含みましょう。

【 3.唾液腺を刺激して
マッサージをする 】

顎下線から唾液の7割が
分泌されるそうです。

耳の下から顎先までを、
クルクル円を描くように
マッサージすると良いです。

【 4.ストレスを溜めない 】

ストレスによって唾液の分泌が減るので、
なるべくストレスは溜めないように、

うまく発散するか
ストレスになることは避けましょう。

【 5.室内を乾燥させない 】

空気が乾燥しているなと実感したら、
加湿器をつけましょう。

女性要注意 ドライマウスの原因と予防法

【 6.口の中の水分を奪う
食べ物は控える 】

クラッカーやクッキーなど、
口の中の水分を奪って口の中を

乾燥させてしまう食べ物は
控えましょう。

【 7.口を動かす 】

(1)「イー」と前歯が見えるように、
口を広げます。

次に「ウー」と口先を突き出します。

これを繰り返します。

(2)舌先を前歯の付け根に押し付けて、
下を鳴らします。

舌うちのような感じです。

この二つの動きで
唾液の分泌を促してくれます。

人は1日約1.5リットルもの唾液を
分泌しています。

冬場は空気が乾燥しやすいので、
尚更ドライマウスになりやすくなります。

朝起きたら、喉が痛くなるのは、
風邪の前兆の場合があります。

口の中が潤っていると
風邪が引きにくくなります。

また口臭もあまりひどくなりません。

口の中が乾燥しないようにしましょう!

参考動画