妊娠時の胸やけ 後期つわりを解消する方法

妊娠中には

「つわり」

で悩まされる方が多いと思います。

それが落ち着き後期になると
胸やけや胃痛に悩まされますね。

妊娠中は肉体的にも精神的にも
弱くなっている時なので少しの体の
変化でも辛いです。

原因や対処法を勉強して妊娠ライフを
快適に過ごしましょう。

広告

胸やけは後期つわり

妊娠の後期になって、
また繰り返すつわりを
後期のつわりと言います。

この後期のつわりは胸やけや胃痛などです。

臨月が近くなっても胸やけや
胃痛など後期のつわりに
悩まされる妊婦さんも多いんです。

どうして妊婦さんの
胸やけは起きるのでしょうか?

理由は子宮が大きくなり
胃を押し上げるからと言われています。

胃を押し上げられる事で
胃が圧迫され胃液が逆流します、

逆流した胃液は粘膜を荒らして
胸やけを起こします。

げっぷが多くなる原因も
同じで子宮が大きくなる事が原因です。

妊娠後期になれば飲んでも良い薬が
増えてきます。あまり酷い時には
担当の医師に相談しましょう。

後期つわりの解消法

辛い後期のつわり、胸やけは
どう対処したらいいか?

妊娠後期は飲める薬も増えてきます。

でも、薬に頼りたくない人が
ほとんどだと思います。

後期のつわりの場合は胃が子宮に
圧迫されてる状態なので
食事の際に大食いはダメです。

一回の食事の量が多かったり、
消化の良くない食事を取る事で、

胸やけ以外にもげっぷや胃痛も
引き起こしてしまいます。

食べ方の工夫で後期のつわりが減少します。

食事の量は少量にして分けて食べる。
刺激物や消化の悪い食べ物は避ける。

それに食べてから横になりたいですよね。

食後30分は横にならないようにして下さい。

どうしても横になりたい時には
上半身を高くすると
胸やけを起こしにくいです。

水分の取り方にも工夫が必要です。

水分を飲めば胃液が薄まるので
水分はとっても良いです。

ですが量を沢山飲むと逆効果ですので、
少量ずつ小分けに水分を取る事で
胸やけが少なくなります。

食事を工夫してもダメな時には
無理しないで医師に相談してください。

酷くなると水も吐いてしまい
脱水になる場合もあります。

くれぐれも注意をして水分を補給して
あげて下さいね。