心当たりない?冷え性の原因

寒いこの時期、
手足が冷えてなかなか温まらず
困ることはありませんか?

手が冷えると、
指先がなかなか動かなかったり、

足が冷えると、
夜なかなか寝付けません。

手足だけでなく、
身体のお腹の内臓が冷える
内臓型冷え性というのもあります。

ただ身体が外気温が寒いから冷えて
冷え性になるだけでないのです。

広告

様々な原因があって
冷え性になるようです。

冷え性とは

身体の冷えや低体温は
万病の元と言われます。

寒い時期に、
手足がある程度冷たくなるのは
よくあることなのです。

ところが、外気温によって
冷やされる程度でなく、

手足などの先端がかなり温まりにくく、
常に冷えている場合は
冷え性であると言えます。

冷え性の症状で身体が冷えるだけでなく、
様々な身体の不調が出てきます。

肩こり、頭痛、腰痛、生理痛、生理不順、
不眠、不妊、血行不良、更年期、肌荒れ、
めまい、身体のだるさ

などになりやすくなります。

冷え性の原因

冷え性には様々な原因があります。

1.
食生活の乱れ

加工食品の摂り過ぎ、
無理なダイエット、
夏の季節の野菜や果物の摂取、

甘い食べ物の摂り過ぎ、
冷たい飲食物などが
原因になることがあります。

無理なダイエットにより、
ビタミン・ミネラルが不足し、

冷えや低体温、生理不順や貧血に
陥りやすくなります。

夏の季節の食べ物は、
夏の暑さから体温を下げる効果があります。

冬に出回る野菜は逆に身体を温めます。

2.
ストレス・不規則な生活

ストレスを溜めたり不規則な生活習慣で、
体温調節の命令を出す自律神経が
上手く機能しなくなってしまうのです。

3.
運動不足

一般に男性より女性の方が筋肉量が少なく、
女性の方が冷え性になりやすいのです。

筋肉運動をすることで、
発熱や血流量が良くなります。

4.
血液循環が悪い

貧血や低血圧の方は
血液循環があまりよくありません。

血液循環が悪いと、
当然身体も冷えてしまいます。

5.
女性ホルモンの働き

ストレスや更年期などで、
女性ホルモンの分泌が乱れると
血行が悪くなります。

6.
喫煙

喫煙をすることで、
血管を収縮させてしまうので、
血行が悪くなります。

7.
血流を止める服、身体を冷やす衣服

露出の多い服、締め付ける下着や服も
血行が悪くなります。

8.
冷える環境

夏にエアコンの利いた室内で長時間過ごす、
身体が冷えているのをそのままにしてるのも
よくありません。

冷えているのに靴下を履かない、
湯船に浸からないなどです。

人の平均体温は36.5度と言われています。

体温が1度下がるだけで、
免疫力・基礎代謝力・新陳代謝が下がり

様々な病気を招いたり、
ダイエットしても効果が出にくいなどに
なってしまいます。

いつでも冷えのない身体で
元気に若々しく過ごしましょう♪