春野菜がデトックスにいい!おススメ野菜とは

春野菜にはどんな種類があるか
ご存知でしょうか?

春野菜と言えど、
年中スーパーで出回っているので、

どの野菜が春野菜か
分かりづらいかもしれません。

春野菜には・・・

春キャベツ、菜の花、せり、
フキ、セロリ、たけのこ、
グリーンピース、えんどう豆、
そら豆、アスパラ、新玉ねぎなどです。

よく旬の野菜を食べるといい
と言われます。

冬の野菜は身体を温める、
夏の野菜は身体を冷やす効果があります。

では春野菜には、
どんな効果があるのでしょうか?

広告

効果的な春野菜

春野菜は、解毒力
栄養補給力のある野菜が多いのです。

それぞれの野菜に
どんな効果があるのでしょうか?

【 1.玉ねぎ 】

(1)疲労回復

ビタミンB1の吸収を助けるので、
疲労回復効果があります。

(2)風邪予防

強い殺菌効果で風邪の予防や、
サルモネラ菌、ヘリコバクター
ピロリ菌の抑制効果もあります。

(3)血管の老化を防ぐ

コレステロールの増加抑制効果で
血管に負担をかけにくくなります。

玉ねぎに含まれる硫化アリルは
加熱すると甘み成分に変化し、

この成分が血糖値のコントロールや
抗酸化作用の効果があるのです。

玉ねぎの皮に含まれる
黄色の色素のケラセチンには、
血管の弾力を維持する効果があります。

(4)発汗作用

体温を上げる効果があるので、
発汗作用もあります。

(5)抗ガン作用

先程のプロピルメカルカプタンに、
抗ガン作用があるとされています。

(6)肝臓の解毒を助ける

グルタチオンという成分が、
肝臓の解毒を助けます。

【 2.さやえんどう 】

調理によるビタミンCの損失が少ないので、
次の効果が期待出来ます。

(1)粘膜の炎症に

ビタミンCは粘膜を強化するので、
花粉症や風邪などの多い時期に、
粘膜の炎症を予防します。

(2)シミやそばかすを防ぐ

ビタミンCが
体内でコラーゲン生成に使われるので、
シミやそばかすを防ぎます。

(3)発ガン性物質の生成を抑える

発ガン性物質のニトロソアミンの生成を
抑える効果があります。

(4)代謝促進

豆の部分に含まれるビタミンB1やB2
代謝促進や疲労回復に効果的です。

【 3.グリーンピース 】

ビタミンB1、B2、C、亜鉛の含有量が
さやえんどうやえんどう豆よりも多いです。

(1)疲労回復、イライラなど

ビタミンB1には、
イライラを解消し、
肩こりや疲れに効果的です。

(2)食物繊維が豊富

便秘、吹き出物の解消に効果的です。

【 4.フキ 】

(1)食物繊維が豊富

食物繊維が豊富なので
便秘解消になります。

(2)解毒作用

フキに含まれるケラセチン、
アルカロイドなどの薬効成分に
解毒作用があります。

(3)咳を和らげる

古来より痰切り、咳止め、風邪の予防に
食されてきました。

(4)胃もたれ、食欲不振

独特の苦みや香りが、
胃もたれや食欲不振に効果的です。

(5)打ち身やねん挫

生葉を火で炙ったものを湿布すると、
打ち身やねん挫に良いとされます。

春野菜には、
解毒作用、便秘解消、美肌、

体内循環を良くする、疲労回復、
代謝促進効果がある
野菜が多いですよね。

春野菜の食べ方

春野菜がデトックスにいい!おススメ野菜とは

春野菜の種類や効果が分かったところで、
どのように食べると

美味しくて身体にも良いかを
ご紹介したいと思います。

【 1.新玉ねぎ 】

中でも新玉ねぎは、
生で食べても辛みが少なく食べやすいです。

(1)サラダ

新玉ねぎを薄くスライスして
ドレッシングをかけて食べるだけでも、
とても美味しいのです。

(2)カツオのたたきに

カツオのたたきに
スライスした玉ねぎをのせると、
旨みが増して美味しい一品になります。

(3)サーモンに

サーモンに
スライスした玉ねぎ、シラス、レモン汁、
ハチミツ、マッシュルーム、

少量の酒かワインを加えて
マリネ風にしても良いですね。

もちろん定番のカレー、炒め物、
味噌汁などにも使えるので
大変使いまわしの利く食材ですね。

【 2.グリーンピース 】

旨み成分のグルタミン酸が
たくさん含まれています。

(1)グリーンピースご飯

米2合で炊く場合は、
水は通常通り、グリーンピースは200g

塩小さじ1、酒大さじ1、
5センチ程カットした昆布を
炊飯器にセットして炊くだけです。

グリーンピースの
緑の鮮やかさを出したいなら、

途中から(炊飯器の沸騰後に)
入れると良いでしょう。

(2)煮物などに

グルタミン酸の旨み成分が、
料理自体の旨みを引き出して
更に美味しくなります。

【 3.フキ 】

(1)下ごしらえ方法

フキ(茎の部分)を茹でる前に、
まな板の上で塩をまぶして手でゴロゴロと
板ずりをします。

鍋に水を沸騰させてから、
フキを入れ約4分程茹でて、
固さが良ければ水にとります。

根元の方から一気に筋を剥します。
再度水につけるとアクが出ます。

含め煮、酢味噌でお浸しなどにも使えます。

(2)天ぷら

下ごしらえしたフキを天ぷらにします。

(3)フキ味噌

フキのとう4つを油で素揚げした後、
それをみじん切したものに、

味噌大さじ6、砂糖大さじ3、酒大さじ3を
鍋に入れて弱火でよく練り、

最後にみりんを大さじ3入れて、
更に練ります。

おにぎり、おやきなど
入れると美味しいですよ!

スーパーでは今では当たり前のように
年中いろんな季節の野菜が売っています。

旬の野菜は、やはり旬な時に
出回っている時のほうが

栄養価やおいしさが違います。
是非、活用してみて下さい。