朝スッキリの快便になる方法

朝のお通じがスムーズだと
気持よく1日がスタート出来るものです。

突然ですが、あなたは、
毎朝うんちチェックしてますか?

健康の指標として有効な
良いうんちチェック法をお伝えします。

広告

良いうんちの条件

検便などをする時を除き
あまりご自分のうんちを

まじまじと見る機会は
ないかもしれません。

しかし、うんちはあなたの
腸の状態を知るのに最適なのです。

まずは、健康な
「うんち」の中身をご紹介しましょう。

●水分 75%
●その他 25%(腸細胞のカス/
消化しきれなかった食物/腸内細菌の死骸)

つまり、水分が多くを占めている訳ですね。

ただ、水分が多すぎると、
水状となり、少なすぎるとカチカチ、
コロコロの硬いうんちとなるのです。

よいうんちの3つの条件は?

●排便後のスッキリ感
→残便感がないこと

スルリとスムーズに出ること
→なかなか出ない、
途中でうんちが切れるのはNG

●臭いがきつくない

というのが条件です。

ちなみに、色で言うと“黄褐色”、
形では“バナナ形”、

寸法は、約“太さ2㎝、長さ15㎝”と
いったところです。

あなたのうんちは、いかがですか?

朝スッキリの快便になる方法

快便になる方法

では、良いうんちで快便になる
2つのポイントを探っていきましょう。

まず、うんちの中身に着目してみましょう。

1つ目は「水分量」です。

食事と一緒に、また普段から積極的に
水分を取るように心がけましょう。

これは消化をする上でも非常に大切です。

食事中の水分は胃液を薄めてしまう
事になるので、

出来れば食事以外の時間帯に
摂取するのが好ましいです。

ただし、冷たいお水は胃腸に
刺激となるので常温がお勧めです。

広告

2つ目は「腸内環境」です。

腸でしっかりと消化ができないと
いいうんちになりませんよね。

そこで、うんちの固形分の多数を占める
食物繊維が豊富な食材を取りましょう。

食物繊維が多い野菜、海藻などが
お勧めですが、これも冷たいサラダよりも

身体を温める温野菜や
お味噌汁の具として取りたいものです。

さらに、腸が働きやすくする為の
「善玉菌」を増やす工夫として

ヨーグルト、お味噌などの発酵食品を
取ることも忘れずにいたいものです。

腸内環境を整える工夫と
毎日のうんちチェックを忘れずに

スッキリ快便の日々を
手に入れましょう。