気になる!くさいおならの原因と解消法

おならは生理現象なので、
我慢したり出さないことはできません。

かといって、人前で臭いおならは
出さないようにしたいものですよね。

おならはなぜ出るのかというと、
小腸上部で消化吸収されなかった
食べた物のカスが、

小腸下部や大腸で腸内細菌によって
分解される時に発生するガスです。

ほとんどのガスは腸管から
吸収されるのですが、

吸収されなかったものが
おならとして体外に排出されるのです。

おならはどんな成分なのかというと、

おならの成分の7割は窒素や水素、
炭酸ガスやメタン、酸素になります。

他に腐敗性ガスとなって
臭いの原因になるものに、

アンモニア、インドール、硫化水素、
揮発性アミンなどです。

おならは炭酸飲料を飲んだことや、
私達が食事中に口から飲みこんだ空気、

食べ物を分解した際に
発生したガスがほとんどです。

おならも大まかに2種類あります。

豆類やイモ類などが消化された際の
発酵型のガスと、

肉や卵などの動物性たんぱく質が
消化された際の腐敗型ガスがあります。

広告

おならがくさい原因

日によって、体調によって、
おならが臭いことはありませんか?

どんな原因があるのでしょうか?

【 1.食べた物によって臭くなる 】

気になる!くさいおならの原因と解消法

肉やにんにくなどを食べたことによって、
腐敗型ガスが発生することで臭くなります。

【 2.腸内環境が悪い 】

腸内の悪玉菌が増えることによって
臭くなります。

肉食中心の食事を摂ると、
悪玉菌が増加し、
善玉菌が減ってきてしまいます。

ストレスも良くありません。

ストレスによって、胃酸の分泌が弱まり、
未消化のまま腸へ食べた物が送り出され、
そこで悪玉菌が増えてしまいます。

【 3.早食いも臭くなる原因に 】

早食いをすると
一緒に空気も飲み込みやすくなります。

空気が多く体内に入るので、
おならが出やすくなります。

【 4.加齢によって
悪玉菌が増えやすくなる 】

加齢によって善玉菌が減って、
悪玉菌が増えやすくなります。

くさいおならの解消法

【 1.よく噛んで食べ物と唾液を
しっかり混ぜる 】

ゆっくりよく噛んで、
食べ物と唾液をしっかり混ぜて
ガス抜きをしてから飲み込むと、

飲み込む空気を少なく出来るので
体内に取り込まれる
空気も最小限で済みます。

【 2.善玉菌を増やす 】

(1)食物繊維を摂る

食物繊維が腸内で発酵する時に、
悪玉菌が生息しにくい環境をつくって
善玉菌が働きやすくなります。

(2)オリゴ糖

腸内でビフィズス菌のエサになって、
善玉菌を増やしてくれます。

オリゴ糖は、
消化吸収されずに大腸まで届きます。

その為、エネルギー源として
使われるのはごく少量なので、
血糖値を上げにくい甘味料でもあります。

バナナ、はちみつ、ごぼう、大豆製品
含まれています。

(3)乳酸菌

ヨーグルト、乳酸菌飲料などです。

切った焼き芋にヨーグルトをかけたり、
バナナにヨーグルトをかけて食べると

食物繊維と乳酸菌が同時に摂るので、
お勧めの方法です。

夜ヨーグルトを食べると、
ヨーグルトに含まれる乳酸菌が働き、

善玉菌を寝ているうちに
増やしてくれます。

【 3.肉を控える 】

肉類は腐敗型ガスを発生させてしまいます。

肉を食べた翌日はおならが臭くないですか?

控えることで、
臭いおならになりにくくなります。

ジャンクフードも良くありません。

【 4.ニンジンの葉が良い 】

ニンジンそのものより、
ニンジンの葉には

消臭作用の高い
ビタミンCが含まれています。

【 5.炭酸飲料を控える 】

炭酸飲料によりお腹が
膨らみやすくなるのは

よく実感されることだと思います。
空気を余計にお腹に入れるのを防ぎます。

あ、おなら臭いかもと思ったら
ご紹介した食べ物を
意識して摂ってみましょう。