睡眠と色の関係 寝やすい色と寝にくい色

疲れを翌日に持ち越さない為に、
しっかり眠ることは重要です。

ですが、日によって疲れすぎていたり、
興奮してしまってなかなか眠れない
こともありますよね。

また、睡眠時間が少ない人でも、
その少ない睡眠時間でも

しっかりグッスリ眠れるだけでも
だいぶ違うものです。

眠りにつくのに寝やすい色と
寝にくい色があるのをご存知ですか?

眠りを促す色の寝具で寝ている人と、
寝にくい色の寝具で寝ている人

平均睡眠時間は、なんと約2時間
もの差があるのです。

広告

寝やすい色

有名ホテルチェーン
「Travelodge」が、

2000件のイギリス家庭を対象に
行った調査によると、

寝室でどの色が一番眠りに
良い影響が出るか調べたところ・・・

1番は青色という結果になりました。

寝室に青色が使われることで、
一番質の良い眠りが得られ、

心を落ち着かせて
血圧や心拍数を抑え
良い眠りに導きやすいとのことです。

青色の寝具などを使用していた人の
睡眠時間の平均は1日7時間52分でした。

2番目は黄色で、寝室全体を暖かく、
居心地の良い空間にする効果があります。

3番目の緑色は、
休息できる落ち着く効果があります。

4番目の銀色は、
月明かりの様に人間の脳が錯覚して
眠りに入りやすくなる効果があります。

次いで、オレンジ、赤、灰、茶、紫という順になります。

睡眠と色の関係 寝やすい色と寝にくい色

寝にくい色

1番寝やすい色は青色、
そして最下位の色は紫色なのですが、

なんと2時間も眠りの時間に
差があるのです。

良く眠れない寝具の色として、
紫色や茶色が挙げられます。

一見、赤色が眠れなさそうに思えますが、
紫色は精神を刺激して

リラックスするのが難しい色で、
脳の芸術分野に働きかける為、

はっきりした夢を見たり
うなされてしまうこともあるそうです。

茶色やグレーも、気持ちを下げてしまい
淋しい気分になり、快適に眠れる色ではありません。

こういった色を寝具に使うと、
グッスリ眠った気がせず、
睡眠時間が短くなる傾向があるのです。

モデルも愛用中の睡眠/休息サプリメント

■マインドガード

睡眠サポートサプリとして人気なのが
使用者の満足度が87%を超える「マインドガード」です。

マインドガードには、
休息成分が含まれているノニや
沖縄でやすみ草と言われているクワンソウ、
リラックス効果のあるGABAといった
休息を促し、快適な睡眠を生み出す成分が含まれています。

仕事が忙しくて睡眠時間が十分に取れない方、
お子様が受験勉強が忙しくて朝起きるのが辛そうだと感じている方、
朝起きたときに疲労感を感じられている方は
ぜひ一度お試しください。
(初回限定で22%オフの応援キャンペーンも現在開催中のようです)

 
 
■グッドナイト27000

モンドセレクション金賞受賞の睡眠・休息サプリ「グッドナイト27000」。

グッドナイト27000に配合されているL-テアニンには、
良質な睡眠をサポートする効果があることが報告されていて、
検証結果でも明らかな違いが出ています。

睡眠の質を上げるために、
美容に気をつかうモデルさんたちにも人気のサプリです。

先着500名限定で80%オフのキャンペーンも開催中です。