睡眠中の痛すぎるこむら返りの治し方

睡眠中に起こるこむら返りには
驚かされますよね。

今回はなぜ寝ている時に起こるのか、
またその対処法をお伝えします。

こむら返りが起こる原因

こむら返りという現象は、
なんの予告もなく急に、

そして一気に痛みが訪れるものです。

テレビを見ている時ならまだしも、
睡眠中に起こると、

飛び上がってしまうほどの痛みを
感じてしまうことがあります。

これは通常「足がつる」と言われます。

広告

急にふくらはぎの筋肉がピーンと
伸びたようになる症状のことです。

原因はいくつか考えられます。

単純に運動量が多かったために、
筋肉の疲れから起こる場合もあります。

また、若い方の場合には、
体育の水泳の授業時に

ふくらはぎの筋肉を激しく使った場合
こむら返りは起こりやすくなります。

ですが、他にも心配な場合があります。

その原因として、大きな病気が
隠れていることがあるのです。

実際にこむら返りは、
若い方よりもご年配の方に多く

そのため、病気とのつながり
深いと考えられます。

時々起るのではなくて、
頻繁にこむら返りが起こる場合が
それにあたります。

その病気の一部は糖尿病や肝硬変です。

他に命にかかわる病気としては
閉塞性動脈硬化症と呼ばれる病気があり

足を触って冷たい場合は
その可能性があります。

痛みの激しいこむら返りが
頻繁に起こるようであれば

早めの病院受診を検討される方が
よいかもしれません。

時々痛む場合であれば
睡眠中に急激にふくらはぎの筋肉を

曲げるなどに使った可能性があり
それによってのこむら返りとも
考えられます。

広告

 

こむら返りの治し方

こむら返りが起こってしまった時、
あまりの痛みに頭がパニックになる、
そのようなこともありますよね。

今回は、前もって痛みの治め方を知り、

今度はどう対処をすれば良いかを
知っておきましょう。

まず第一に、
こむら返りが起きてしまった時に

大切なことはその部分の筋肉を
しっかりと伸ばすことです。

でも、一気に伸ばすよりは、
様子を見ながらじんわり
伸ばしていくようにしましょう。

場合によっては
肉離れが起きないとも限りません。

十分に注意をしてください。

その上で、マッサージをする事も
一つの方法です。

まず、深呼吸をしてリラックスして
同時に脚の力も抜きましょう。

この時、脚は痛みのない角度に
保つようにしてみてくださいね。

そして、こむら返りの起こった脚に
痛くない程度にゆっくりと
揉むようにマッサージをしていきます。

痛みが治まった後には、
脚の下にクッションを入れます。

筋肉がピンと伸びないようにして
痛みが起きないか様子を見てください。

また、こむら返りが起こった時に
冷たい湿布をしたり、

温めたほうがいいとの情報など
様々なものがあります。

ですがこむら返りが起こることは、

筋肉部分の血行不良が原因と
いうことが考えられます。

血行不良の場合には、痛みのある部分を
冷やすことはマイナスになるため、
やめましょう。

温めたタオルや温湿布をあて
痛みがおさまるまで様子を見ましょう。

この方法を知っておくことで、
もしもこむら返りが起こった時には

少しゆとりを持つことが
できるのではないでしょうか。

痛みは心のゆとりがあれば
少しでも和らぐはずです。

ぜひ、実践してみてください。

参考動画