老化を防ぐには抗糖化がアンチエイジングの合言葉

一時、有名な海外セレブたちが
行っているという理由でブームとなった

『  糖質制限ダイエット  』

糖質の摂取を控えることによって
減量に効果があるのはもちろんですが、

その海外セレブたちが現在
注目しているのが

『  抗糖化  』

という言葉なのです。

広告

抗糖化とは

抗糖化というのは、簡単に言えば、
体が糖化するのを防ぐこと。

糖化は、糖質が
体内のタンパク質等と結びつき、
体内の細胞を劣化させること。

血液中に溜まった余分な糖分は
タンパク質、脂質と結合することで
老化促進物質へ変化してしまうのです。

その老化物質を

『 AGE (糖化最終生成物) 』

といい、女性の大敵である、

肌のくすやシワを引き起こしてしまう
原因とされています。

またAGEは、
老化を促進するだけでなく

動脈硬化、白内障、
アルツハイマー病への

リスクが高まることも
指摘されているのです。

しかし、一切糖質を制限することは
毎日の食生活において
そう簡単なことではありません。

では糖化を防ぐためには
一体どうすれば良いのでしょうか。

抗糖化のためのオススメ

1.食べる順番を意識する

糖化は、血糖値の上昇を
緩やかにすることで
抑制できるといわれています。

つまり、血糖値の上がりにくい
ものから順番に食べるだけで、
抗糖化に繋がるということです。

毎日の食事で摂取する
炭水化物、精白米や、パン、

うどんなどは血糖値が
上がりやすい食べ物です。

ですから、それらを食べる前に、
野菜や魚、お肉を食べるだけでOK。

その際、よく噛んで食べることで
食事のスピードがゆっくりになり、
さらに血糖値が上がりにくくなります。

老化を防ぐには抗糖化がアンチエイジングの合言葉

2.飲み物はお茶

これからの季節は特にですが
喉ごしがいい甘い炭酸飲料を
選びがちですよね。

その飲み物をお茶に変えるだけで
抗糖化になります。

緑茶やウーロン茶といった、
普通のお茶で充分な効果がありますが
おすすめはドクダミ茶。

抗糖化作用があるだけでなく、
便秘やむくみを解消する効能があり
女性には嬉しいことばかりなのです。

3.食後の軽い運動

食後1時間以内に、軽い散歩や
階段の昇り降りを1~2分するだけで

血液中や、細胞の中の糖を
減少させる効果があります。

なお、ランニングなどの激しい運動は
消化を悪くする場合があるので
必ず軽い運動を心がけるようにしましょう。

このように特別難しいことは
一つもありません。

毎日の食事の際、
食べる順番に気を付け、

喉が乾いたらジュースや水ではなく
お茶を飲む。

日々の習慣の中で、
ほんの少しこれらを取り入れるだけで

体の焦げを撃退できるのですから
ぜひ今日からでも取り入れみて下さいね。

老化を促進するといわれている
体の糖化を予防し、

いつまでも若々しく
健康な素肌と体を手にいれましょう!