肩こりを悪化させてしまう鞄、バッグの持ち方

肩こりの原因は姿勢にある
と言われますが、

日常生活のちょっとした習慣も
見逃せない原因の1つです。

それが、鞄やバッグの持ち方です。

お仕事で、またプライベートでも
何かしら鞄は持つものですよね。

手放せないものだからこそ、
身体に与える影響と身体に
良い持ち方を知っておきましょう。

広告

鞄やバッグが肩こりの原因に

鞄やバッグを持った時、
身体の中ではどんなことがおこって
いるのでしょうか?

片手持ちの場合で見て行きましょう。

右手で荷物をもつと、
身体全体が重さで右に傾きます。

でも、それだと歩きにくいので
右肩をすくめ荷物を持ち上げます。

さらに、長時間になり右肩が疲労すると
左腰の筋肉が頑張って身体を中央に
戻そうとするのです。

肩の筋肉もガチガチに固まり
身体全体も歪みが出そうですよね。

次に、ショルダーバックで
考えてみましょう。

片側(ここでは右)にバックをかけると、
ショルダー部分が
滑り落ちそうになるものです。

そこで、右肩をすくめて鞄が
落ちないようにしなくてはいけません。

このように、片側だけに鞄を持ったり
かけたりする姿勢は、

それだけで肩の筋肉を
緊張させてしまうので、

肩や首の筋肉に
負担を与えてしまうのです。

さらに、歪みまで引き起こす
注意しなくてはいけない
生活習慣の1つです。

広告

 

肩こりに良い鞄の持ち方

では、どんな鞄の持ち方を
すればいいのでしょう。

一番いいのは、左右均等に重みがかかる
バックパックです。

また、胸の上にチェストストラップ
言われるバンドや腰にヒップベルトがあると
リュックが動かず安定するのでとっても
楽ですよ。

片手持ちをしなくてはいけない場合は、
いつも同じ側で鞄を持たない事が大切です。

また疲れたら、鞄を前で抱えてもつと
肩の肩甲骨周りの筋肉などが
ストレッチされますよ。

ショルダーがけをする方も、
鞄を交互にかけなおしましょう。

また、肩に当たるショルダー部分が
出来るだけ幅広のものを使うと

肩に当たる場所が広くなり、
痛みが軽減できます。

ミニタオルなどを、肩に当たる部分に
当ててやるのも1つの手です。

いずれにしても、
鞄の中にいれるものは最小限にとどめ、
肩への負担を減らしましょう。

また、鞄を持った後は、
ストレッチをするなどして
肩こりを軽減してやりたいものですね。