腸ヨガで辛い便秘を解消しよう

腸ヨガというものを
ご存知でしょうか?

便秘がちだったり、
腸が健康でないと、

肌荒れや代謝が低下したり、
美容や健康面にも悪影響を及ぼすのです。

こうした腸の不調を未然に防いだり、
便秘解消に良い
腸ヨガを行ってみませんか?

朝夜最低3分の簡単なポーズ
腸を刺激するので、
腸が動き出して便秘が解消するのです。

広告

腸を整える理由

腸を整えると
どんな良いことがあるのでしょうか?

【 1.身体の代謝が上がる 】

身体の真ん中にある腸の働きが
良くなることで、
血液やリンパの流れが良くなります。

冷え性もむくみも解消されるので、
代謝が上がって痩せやすくなるのです。

【 2.下腹ポッコリが解消される 】

便秘が解消されれば、
下腹のポッコリも解消されます。

美容上の見た目も良くなります。

【 3.老廃物が排出される 】

便秘気味だと、
体内に残った便が
体内に毒素をばらまきます。

それによって、
肌荒れや頭痛などを招いてしまいます。

老廃物がなくなることで、
肌荒れや頭痛などの身体の不調が
改善していきます。

広告

 

腸ヨガのやり方

それでは腸ヨガを行ってみましょう!

ヨガは呼吸が大事です。

腸ヨガも呼吸をしっかり意識することで、
効果が断然高まります。

ポイントは、一呼吸ごと息を
しっかり吐き切ることです。

極限まで吐き切ると、
横隔膜が大きく上下に動き、
腸が内側からマッサージされます。

よって、腸の血行が促進され、
腹筋も鍛えるので、
腸の下垂を抑える働きも期待出来ます。

【 1.朝に行う腸を目覚めさせるポーズ 】
(約3分)

お腹をひねることで、
動きの鈍った腸を圧迫させて、

便を押し出して便通を
促進させてくれます。

(1)
上半身は仰向けにします。

(2)
両脚は揃えて曲げて、
どちらかに脚を倒して
お腹をひねります。

【 2.夜に行う下がった腸を上げるポーズ 】
(約3分)

腹筋が弱い人は、
日中ずっと座り続けたり、

立ちっぱなしでいることで
腸が下がってしまいます。

腰を高くして、
下がった腸を元に戻すことで
翌朝の便通も良くなります。

(1)
仰向けになります。

(2)
手を腰の下に入れて組みます。

(3)
腰を上げます。

膝を曲げて、膝から首までが
真っ直ぐになるようにします。

下がってしまった腸を
上げるように腰を上げます。

簡単に出来たのではないでしょうか?

先程挙げたポーズは
是非毎日の習慣にして、

もし物足りないようでしたら
これから挙げるポーズも
プラスしてみて下さい。

【 3.コブラのポーズ 】

胃と腸を同時に刺激出来るポーズです。

(1)
うつ伏せになります。

(2)
上半身だけ腕の力で持ち上げます。

下半身はそのままです。

恥骨を床に押し付けるような感じで、
頭の先が天井から引っ張られる
イメージで行います。

【 4.ガス抜きのポーズ 】

お腹がガスで苦しい時に行うと、
ガスが出やすくなります。

(1)
仰向けになります。

(2)
両足を曲げて、
しっかり両腕で抱え込みます。

(3)
息を吐きながら
両腕で膝を胸に引き寄せて、
上体を起こします。

太ももを下腹に押し付けている状態で、
お尻は持ち上げます。

5回程呼吸します。

身体を曲げる時、
どこまでも曲がるイメージを持つと、
効果がより期待出来ます。

便秘になるとお腹が張って辛いですよね。

お腹が張って苦しい時、
便秘になりやすい方の予防にもなるので
是非試してみて下さい。

参考動画