菌だらけの追い焚き風呂の洗い方

お風呂場というのは
本来一日の汚れを洗い流し、
リラックスする場所ですよね。

現代のお風呂は、
必ずといっていいほど追い焚き機能があり

入浴時間が家族でバラバラでも
温かいお湯に浸かることができます。

しかし、ここに落とし穴があったのです。

そこでお風呂の雑菌と、
お掃除についてご紹介します。

広告

雑菌だらけの風呂場

みなさんは、毎日浴槽や
お風呂場全体の掃除を行っていますか?

毎日掃除をしていても
中々取り切れないカビや汚れは、

お風呂場全体を菌だらけ
にしている可能性もあるのです。

中でも、一番菌が潜んでいるのが
浴槽の中のお湯です。

湯船に浸かって一日の疲れを癒し、
女性では半身浴で汗を流す方も
多いですよね。

しかし家族がお風呂に入る時間は
仕事や生活サイクルの違いから、

どうしてもバラバラになって
しまいがちです。

そんな時に使う便利な
追い焚き機能こそ菌をお湯の中に
増殖させてしまう可能性があるのです。

なんと見えない、直接洗えない
管の中に雑菌が繁殖しているのです。

これでは綺麗になるはずの入浴が
菌に浸かるなんてことにもなりかねません。

広告

 

主に大腸菌やブドウ球菌などですが
まれにレジオネラ属菌というものが
発生してしまいます。

健康な大人は感染しにくいですが、
抵抗力が弱っているときや、

免疫力の低い小さい子供や、
お年寄りには感染して、

病気になってしまう
なんてこともあるのです。

そこで大事なのが浴槽や
追い焚き管の掃除です。

参考動画

お風呂の洗い方

まず最も大事なのは、
追い焚き管の掃除です。

市販の風呂釜洗剤などを使って
2ヶ月に一度は必ず
洗浄するようにして下さい。

ここに菌がたまってしまうと
追い焚きする度にお湯に菌が
流れてしまうことになります。

また、排水溝については
髪の毛がたまると、

詰まりや臭いの原因にもなりますので
市販の髪をキャッチしてくれるネットや

置くだけタイプのものを使用して
なるべく髪の毛を排水管に
流さないようにしましょう。

そして大事なのは、
お風呂掃除は浴槽だけでなく、

風呂蓋や桶、椅子なども
毎日お風呂用洗剤で洗浄してください。

汚れがたまると、ぬめりや垢が
ついたままの状態になってしまいます。

大事なのは、菌を蓄積させないために
毎日掃除するということです。

カビが発生してしまうと、掃除する際、
マスクを着用しなければならないほど
身体に害を及ぼしてしまうことになります。

美容やダイエットもそうですが
汚れは毎日溜まるものなので、
毎日のお掃除を心掛けましょう。

菌だらけの追い焚き風呂の洗い方