虫歯にならないための正しい歯磨きの仕方

歯は清潔感が表れる場所でもあり、
女性なら綺麗な白い歯を保ちたいですよね。

虫歯になると、
しばらく歯医者に通うことになり
時間もお金もかかってしまいます。

毎日磨いていても、
中々完璧には磨けていないため

気がつくと虫歯だらけ…
なんてことにもなりかねません。

そこで、虫歯にならないための
正しい歯磨きの仕方や、

歯ブラシの選び方について
ご紹介します。

広告

歯ブラシの選び方

まず、現在使用している歯磨きの毛先は
どのような状態になっていますか?

毛先が広がってしまっている場合や
真っ直ぐではなく寝ている状態なら

ブラッシングの効果がほとんどないため
今すぐ新しいものに交感してください。

数か月で毛先が乱れてしまうのは
歯磨きの力加減をあやまっている証拠です。

強く磨けばよいというものではないので
力加減には注意するようにしてください。

歯ブラシの選び方については、
毛先が硬すぎず、

ブラシが大きすぎない物を
選ぶようにしてください。

また、奥歯用の小さい歯ブラシや
歯茎用の柔らかい歯ブラシなど、

通常の歯ブラシの他に
用意しておくこともお勧めします。

通常の歯ブラシでは、
奥歯の歯垢まで取り除けない場合や

歯茎を傷つけてしまう
硬さの物もあります。

歯磨きは歯だけでなく、
歯茎や舌も磨く必要があるため

歯や口内環境を良いものにするためには
歯ブラシを使い分ける事が
一つのポイントになります。

また、毎日使う度に洗いますが、

根本には洗いきれない雑菌が
住みついてしまいます。

その為、月に1度の頻度で
歯ブラシを交換することを
オススメします。

参考動画

歯の磨き方

1.
歯ブラシの持ち方については
歯ブラシを長めに持ち、
鉛筆握りで持つようにして下さい。

グー握りや、歯ブラシを短めに持つと
力が入り過ぎてしまう原因になります。

2.
歯磨きを始める前に、
歯ブラシは濡らさず、乾いた状態のまま
歯磨き粉を少量つけて下さい。

歯ブラシを濡らしてしまうと
歯磨き粉の泡立ちが良くなりすぎるため
長時間磨けなくなってしまいます。

3.
磨く順番を決め、
万遍なく一周するように磨きます。

※ブラシがつぶれない程度の
力加減を意識するようにしてください。

4.
奥歯や歯の裏側は、
磨き残しがないように入念に磨いて下さい。

歯茎と歯のキワを磨くイメージで
毛先を斜めにして磨くと
歯垢除去に効果的です。

5.
ブラシは大きく動かさず、
歯の1本1本を磨くイメージで
動かして下さい。

大きな幅で磨いてしまうと、
どうしても磨き残してしまい、
歯垢が残ってしまう原因になります。

6.
磨く時間については
最低5分程度は磨くようにして下さい。

そして、最後のゆすぎですが
歯磨き粉に含まれている

フッ素も流れてしまうため
コップ一杯の水で一回ゆすぎ、

ゆすぐ時間をゆっくり長めに
ゆすいで下さい。

これにプラスして、
舌用の歯ブラシで舌を磨くことや

歯茎を磨くことで、
歯茎の色素沈着も防げ、

口内環境も清潔に保てるため
ぜひ試してみてくださいね。

虫歯にならないための正しい歯磨きの仕方