鼻水がのどに流れる 後鼻漏の原因と予防法

後鼻漏症候群

という言葉をご存知ですか?

鼻漏とは鼻水の事をいいますが、
後鼻漏とはその言葉の通り、

鼻水が後ろに流れることをいい、
逆に鼻水が垂れることを前鼻漏といいます。

どちらも不快な症状といえますが
前鼻漏の場合は、見て分かる症状のため

風邪薬を飲むなど対策は
すぐ行えますよね。

しかし、後鼻漏の場合は症状に気づかず
知らない間に鼻水が
喉へ流れてしまっている場合があります。

口臭の原因にもなってしまう
後鼻漏ですが、そもそもなぜ

後鼻漏になってしまうのか、
その原因や予防法について
ご紹介します。

広告

後鼻漏の原因

鼻水は、風邪などの病気ではない場合でも
一日に2リットル以上作られています。

その3割程度は自然と飲み込んでおり
健康な状態でも、後鼻漏の症状は
発生している事になります。

しかし、通常の鼻水ではなく
粘ついた鼻水が喉に流れてくると、

喉にはりつき、
イガイガしたり咳が出たり
様々な症状の原因になります。

そのような、つらい症状が出る
後鼻漏の原因とされているのが

副鼻腔炎や、
アレルギー性鼻炎なのです。

副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎の方は
鼻粘膜に炎症を起こしている場合が多く

鼻水が大量に発生していることから
喉への不快感が生じてしまっているのです。

また、花粉症や蓄膿症の方なども
後鼻漏になりやすいとされており、

そのような場合は、
膿んだ鼻水が喉に流れてしまうため、

喉の不快な症状が
続いてしまうことになります。

また、膿んだ鼻水が喉へ流れることにより
口臭の原因にもなってしまうため、

蓄膿症のようなつらい症状がある方は、
病院にて治療することをおすすめします。

広告

後鼻漏の予防法

1.マスクをつける

後鼻漏の予防法として、
とても簡単に行えることは
マスクをつけることです。

アレルギー性鼻炎の方などは
特にですがマスクをすることで、

アレルギー物質を吸い込むことを
防ぐことができます。

後鼻漏の副作用としては、
喉に炎症を起こし、

咳が出てしまう事があるため
喉と鼻を同時に保護できるマスクをつけ

ウィルスやアレルギー物質から
保護してあげましょう。

2.温タオルをのせる

温めることにより、
鼻づまりや鼻水を抑えることができますので

温めたタオルを鼻の上にのせ、
仰向けに寝た状態でしばらくおいておくと
少し症状が緩和されるでしょう。

3.加湿器などを使用し、乾燥させない

加湿器などで乾燥させない事も
大切ですが、細霧吸入器などの

生理食塩水を入れて使用する
鼻・口専用の加湿器がありますので
そちらを使うことをおすすめします。

喉や鼻の粘膜が乾燥することにより
風邪やアレルギー物質への

抵抗力が弱まってしまうため、
乾燥させない事が予防へつながります。

後鼻漏の原因である副鼻腔炎や
花粉症は治りにくいとされていますが

根気よく治療を続けることが大切です。

口臭の原因となると、
女性にとってはつらいものですよね。

諦めず根気よく治療し、
予防を心がけるようにしましょう。

鼻水がのどに流れる 後鼻漏の原因と予防法