歯ぎしりは身体の不調の原因に!原因と対策のポイントについて

自分ではなかなか気づかない歯ぎしりですが、朝起きるととても疲れていたり、身体にこりがあったり、頭痛などが続くことがあります。そして、家族や一緒に旅行に行った人などに歯ぎしりを指摘されて、初めて納得がいったという方は結構いらっしゃるのではないでしょうか。

周りも自分も気にしなければ、それほど悪いことではないように感じるかもしれませんが、なんと、歯ぎしりによって歯にかかる力は、体重の何倍にもなると言われ、実は非常に様々な悪影響があります。

広告

歯ぎしりの悪影響とは

歯ぎしりは、歯への悪影響があります。歯の表面が削れて短くなっていってしまったり、歯並びが悪くなってしまったりします。ひどい時には歯や、歯の根が割れてしまうことさえあるのです。

他にも歯周病の悪化や顎関節症の原因となってしまうこともあります。また、寝ている間にも身体に力が入ってしまっているため、身体のこりや腰痛、頭痛、さらにはめまいなどの原因にもなってしまいます。

ですから健康のためには、少しでも早いうちに対策をして、身体に重大な影響が出ないようにしたいものです。さらに、歯ぎしりは美容にも悪影響があります。歯ぎしりをしているうちに、顔が老化していってしまいます。しわが増えたり、口角が下がったりしてしまうのです。ですから、歯ぎしりは若さを保つ上でも良くありません。

歯ぎしりは身体の不調の原因に!原因と対策のポイントについて

歯ぎしりの原因とは

歯ぎしりの原因は非常に様々です。

歯ぎしりの一つの大きな原因はストレス疲れだと言われています。生活の変化のある時期や、大きな仕事の前などのプレッシャーを感じている時にひどくなるのであれば、ストレスなどの精神的な原因である可能性が高いでしょう。

また、よくある他の原因として、歯の噛み合わせの悪さがあります。虫歯の治療の際の詰め物の高さが合っていなかったりすると、左右のバランスが悪くなり、歯ぎしりの原因となってしまっている場合があります。

他に、お酒の飲み過ぎやタバコの吸い過ぎが歯ぎしりの原因になってしまう場合もあります。歯ぎしりは、特に睡眠が浅い時に起こりやすくなっています。ですから様々な理由で眠りが浅いことも、歯ぎしりの原因となってしまうのです。

広告

歯ぎしりへの対策法とは

歯ぎしりを解決することはとても重要なのですが、心理的な原因によるものであることも多く、すぐに解決をすることは難しい場合もあります。

ですから、まず最初の対策法としておススメしたいのは、歯ぎしりによる歯やその他の悪影響から身を守ることです。

歯科医院では歯ぎしり用のマウスピースを作ることができます。マウスピースを作ることで、歯ぎしりによって身体や歯にかかる負担の緩和が可能です。素材も柔らかめのものから丈夫で固めのものなど様々な種類があり、歯へのフィット感も様々ありますから、ご自身に合うものを探してみましょう。

ストレスなどが原因の歯ぎしりの場合には、ストレス解消になることを探すことが一つの対策になるでしょう。

また、起きている時にガムを噛むことも一つのストレス解消になるので、寝ている間の歯ぎしりを減らすのに役立ちます。さらに、規則正しい生活は、歯ぎしりへの対策のポイントとなります。

しっかり睡眠がとれていたり、きちんと食生活ができていれば、ストレスにもきちんと対処することができますし、日常の疲れもとることができます。

歯ぎしりは身体の不調の原因に!原因と対策のポイントについて

 

歯ぎしりを解決するためにするべきこと

まず、質の高い睡眠をとることを意識しましょう。そのためには、寝る前にリラックスした状態を作ることが重要です。

寝る数時間前からは照明を暗くしたりして、脳への刺激を減らしていくことができます。また、ストレッチをしたり、落ち着く音楽を小さめの音で聴いたり、カフェインを避けて、ホットミルクやカモミールティーのような気持ちをリラックスさせる効果のある飲み物を飲むことも有効です。

さらに、自分に合った寝具を使用することも、歯ぎしりを解決するのに役立ちます。枕の高さやマットの固さなどが合ったものかを一度見直してみてください。歯ぎしりの原因となりうる、お酒の飲み過ぎやタバコを止めることも、歯ぎしりを解決するのに役立つことになります。

そして、歯の治療はしっかりするようにしましょう。噛み合わせが気になる場合には、歯科医院に行って調整してもらいましょう。噛み合わせは歯だけの問題ではなく、身体自体の歪みが原因となっている場合もあるので、身体を歪ませる習慣、足を組むことなどの普段の姿勢を見直すことも重要です。

手足の長さなどでもチェックできますから、ご自身で確認してみてください。身体の歪みに気づいたなら、普段の姿勢を注意するようにしたり、身体の歪みを矯正できるようなストレッチをすることによって改善していくことができます。身体の歪みが改善されると、歯ぎしりも改善されていくことでしょう。