ゴロゴロゴロ。人に聞かれたくないお腹が鳴るのをピタっと防ぐ方法

お腹が鳴ることで悩んでいる人は多いものです。静まり返った場所で、グーグーお腹が鳴り続けて止まらないという経験をした人も多いようです。お腹がすいているわけでなくても、鳴ることも少なくなく、悩ましい問題です。お腹が鳴るというのは、ごく当たり前の生理現象であり、なんら病的なものではありません。しかし、防げるものなら、それに越したことはありません。

広告

悩んでいる人は多い

お腹が鳴ることに悩んでいる人はずいぶん多いようです。悩んでいる人のほうが多いといっていいくらいでしょう。お悩み相談といった場にも、多くの相談が寄せられています。病院へ行ったけれど、普通の生理現象であるからということで、どうにもならなかったという声も聞かれます。

特効薬がないため、薬でどうにかできるというものではなく、防ぎようがない、と非常に深刻に悩んでいる人もいます。お腹が空いているときだけ鳴るものなら、常に満腹でいるという方法もありますが、満腹時にもお腹は鳴りますし、空腹を感じていなくても鳴るのは普通です。

正常な生理現象であり、誰にでもあることだから気にしない、と割り切れたら話は簡単ですが、なかなかそうもいかないものです。防げる方法を探して、試行錯誤している人はかなり多いようです。気を遣う、静まり返った場面で鳴ったりしますから、気にするのは当然でしょう。

ゴロゴロゴロ。人に聞かれたくないお腹が鳴るのをピタっと防ぐ方法

物理的になんとかする方法

薬剤を用いて、化学的になんとかする方法というのは、ないようです。医者に相談しても、そうした薬はないため、処方もされません。そうした薬が存在しないというのもあるでしょうが、病気ではありませんから、薬を出すわけにはいかないという事情もあるでしょう。薬には副作用がつきまといますから、正常な生理現象を止めるために用いるのは、そもそも好ましくありません。

お腹が鳴るのを防ぐとしたら、物理的な方法に頼るのがリーズナブルです。お腹が鳴るのは、血液中の糖が減ったことで、胃が食事に備えて蠕動運動を始めるからです。であれば、お腹が鳴っては困る場面を前に、血糖値を上げやすい食べ物を食べるという方法が、効果を上げる可能性があります。

時間が取れない場合は、飴やチョコレート、バナナなどが効くかもしれません。しっかりと食事が摂れるなら、そうしておきましょう。

広告

姿勢によってお腹が鳴るのを防ぐ

胃の蠕動運動は、背筋を伸ばすことで、一時的に止められる場合もあります。背中を丸めているよりも、背伸びをするなどしたほうが、腹部の容積は小さくなります。

つまり、胃が周囲から急に押されるという状況になります。それにより、蠕動運動がしづらくなるという仕組みです。お腹が鳴り続けて止まらないというときに、背筋を伸ばすと、一時的に鳴らなくなる可能性はあるでしょう。

逆に、胃の中に空気を大量に送り込み、内圧によって、蠕動運動をしづらくさせるという方法も考えられます。腹式呼吸をすると、お腹が膨れますが、そのとき、胃に大量の空気が送り込まれています。

腹式呼吸の方法をマスターし、ここぞというときに、しっかりとお腹を膨らませられるようにしておくと、効果が見込めるかもしれません。蠕動運動は、脳が血糖値を上げさせるためにおこなっている生理現象ですから、長時間は難しいかもしれませんが、一時的な効果は期待できそうです。

ゴロゴロゴロ。人に聞かれたくないお腹が鳴るのをピタっと防ぐ方法

一時的には効果がある場合も

どうしてもお腹が鳴ってほしくない場面で、背筋を伸ばしたり、腹式呼吸をすることで、お腹が鳴るのを止められたときもありましたが、100%ではありませんでした。ここぞという瞬間では止められなくても、鳴り続けるのを防げたことは、比較的多かったです。

背筋を伸ばすのも、腹式呼吸をするのも、それ自体がたいへん健康に良いことです。薬剤で止めることが可能になったとして、おそらくその服用で、副作用が出る可能性があることを考えると、姿勢や呼吸法でお腹が鳴るのを防ぐというのは、たいへん望ましいことと言えるでしょう。

万全な方法ではなく、成功率は決して高いとは言えませんが、まったく効かないというわけでもありません。防ぐ可能性がある方法があるというだけでも、心強いことです。お腹が鳴りにくい体質にするためには、早食いをしないことが大事ですので、そこにも気をつけましょう。

ゴロゴロゴロ。人に聞かれたくないお腹が鳴るのをピタっと防ぐ方法

空気との関係に注目する

お腹が鳴るのは、食べ物のせいというわけではなく、空気がより関係しているようです。それがわかると、食べ物を不必要に選別しなくて済むので、気が楽になりますし、まんべんなくいろんな食品が摂れるので、健康的にもなれます。

食べ物ではなく、空気、という知識を得たことで、対策しやすくなったという気がしました。食べ物に気をつけるとなると、際限がありません。体内に取り込む空気を調節することなら、少ない知識で済みますし、どれも実行可能なものです。

しかも、お腹を鳴るのを防ぐどの方法も、健康にいいことなので、お腹が鳴ってほしくない場面でずっとその方法をとっていてもいいわけです。背筋を伸ばす、あるいは腹式呼吸をする、このふたつの方法を用いて、万全とは言えなくても、お腹の鳴る回数を減らしていきたいものです。体にいいとわかっていてもなかなかできないことでも、お腹が鳴るのを防ぐためならできます。