質の良い睡眠で美容効果をアップ!睡眠前のストレッチ 5選

健康と美容とは切っても切り離せない関係にある睡眠ですが、どのようなことを心がけているでしょうか。

特に美容については、睡眠のとり方について様々なことが言われます。よく聞くのは時間帯のことだと思います。「お肌のゴールデンタイム」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。

これは夜10時から2時くらいの時間帯のことを指し、この時間帯に、特に成長ホルモンの分泌が活発になると言われています。成長ホルモンは肌のターンオーバーに大切な役割を担っているので、この時間帯に睡眠がとれていないとホルモンバランスが崩れ、肌がきちんと生まれ変わらなくなり、シミやしわが増えていってしまうのです。

しかし、せっかく十分な時間、そして有効な時間帯に睡眠をとっていても、その質が良くなければ、思った通りの効果を期待することはできません。ですから、睡眠は時間だけでなく、質も非常に重要なのです。


広告

睡眠の質を良くするために心がけるべきこととは

睡眠の質を低下させている原因は様々あります。

最初に挙げたいのは食事の時間です。お腹がいっぱいになると、眠くなるので、良く寝れそうな気がするかもしれませんが、食事の後の2、3時間は身体は食べた物を消化しなければならなくなります。

そうすると、頭は寝ていても、身体は眠れないという状態になってしまいます。このような状態での眠りは浅くなってしまい、質の良い睡眠に欠かせない、深い眠りであるノンレム睡眠に入っていけなくなってしまいます。

また、照明も睡眠の質と関係があります。明るい光は脳に刺激を与えてしまうので熟睡できなくなってしまいます。寝る前には部屋の照明を暗くしていき、液晶のような光の強いものは避けるのが良いでしょう。

どうしても見なければならない場合には、通常より、明るさを抑えることができるかもしれません。

また、合わない寝具も質の良い眠りを妨げます。マットレスや枕を見直してみることもできるかもしれません。

質の良い睡眠で美容効果をアップ!睡眠前のストレッチ 5選

睡眠の質を上げるストレッチ

質の良い睡眠に重要なのが、リラックスした状態を作り出すことです。そのために牛乳を飲むなどが有名ですが、実はストレッチも非常に有効な方法です。いくつか睡眠の質を上げるストレッチをご紹介しましょう。

生活の中の様々なストレスや疲れなどで、私たちの身体は一日の終わりには心身ともに緊張状態になっています。ストレッチはそれをほぐすのに助けになるので、リラックスした状態で眠りに入るのに役立つのです。ストレッチにより、血流が良くなるので、身体を温めることができます。そして、身体が温まると、眠りやすくなります。

ストレッチ その1

まず行いたいのが全身のストレッチです。非常に簡単で、ただ仰向けに大の字に寝っ転がり、手足を外に向かって思いっきり伸ばします。しっかり伸ばしたら力を抜きます。これを数回繰り返すと、身体中の筋肉がリラックスした状態になります。

ストレッチ その2

次に血行を良くするストレッチです。ヨガではゴキブリのポーズというのですが、仰向けになって寝た状態から手足を上げ、上でぶらぶらさせます。冷え性などで末端の冷えが気になる方も多いと思いますが、このストレッチで末端まで血行を良くし、温めることができます。

広告

ストレッチ その3

座り仕事やパソコンを使う仕事を毎日している方におススメなのが、首を伸ばすストレッチです。パソコンに長時間向かっていると首などがこってしまい、睡眠中もリラックスできず、睡眠の質を下げてしまいます。

しっかり睡眠前にこりをほぐすようにしましょう。首のストレッチも非常に簡単で、仰向けに寝た状態で、首の後ろで手を組み、お腹を見るように頭を持ち上げるだけです。首が伸びるのを意識しながら、数回行うと首の疲れがほぐれているのを感じることができます。

ストレッチ その4

次に、立ち仕事や、歩く時間が多くて背中や腰に負担を感じている方向けのエクササイズです。

正座で座った状態から手を伸ばし、上体を前に倒していきます。そして、手をできるだけ遠くに伸ばすイメージで、腰と背中を伸ばしていきます。このストレッチのポイントは手だけを前に伸ばすのではなく、背中と腰の伸びをしっかり意識して行うことです。

ストレッチ その5

最後は、座り仕事が多い方のためのストレッチで、太ももの裏とお尻の筋肉をほぐしていきます。仰向けに寝た状態で片足を天井に向かって上げ、ももの裏を持って、引き寄せるように引っ張ります。

その後に、そのまま反対の手で外側を持って、もう片方の手は横に伸ばしておきましょう。顔も伸ばした方の手の側に向け、ねじるように引っ張ります。これを両方行います。

 

あくまでもリラックスするためのストレッチですから、プレッシャーに思わず、その日の疲れ具合でできる範囲で行っていきましょう。