スマホ社会で急増中の「スマホ老眼」を予防する5つの方法
スマホの普及にともなって、「スマホ老眼」が急増しています。老眼といえばある程度の年齢になって起こってくる老化現象というイメージが強いですが、スマホによって起こるスマホ老眼は若い方に増えているのです。どうしてスマホで若い方にも老眼の症状が起こってしまうのか、予防方法についてもご紹介いたします。


広告

「スマホ老眼」とは?

「スマホ老眼」という言葉をご存知でしょうか?

スマホ老眼とは、長時間スマホを使うことで、まるで老眼と同じような症状があらわれることをいいます。スマホを長時間使う、20代や30代の若い世代を中心に症状を訴える方が増えています。

スマホ老眼は老眼とはいうものの、加齢による老眼とは違います。

老眼は水晶体や毛様体筋が硬くなり、ピントを合わせる調節力が弱くなります。調節力が弱くなると近くのものが見えにくくなります。だいたい45歳ごろに初期症状が起こる方が多いです。

スマホ老眼は加齢による老眼とは違って、医学的には「調節緊張」といい、スマホを長時間使うことで一時的に老眼に似た症状があらわれます。

スマホから目を離すと景色がぼやけたり見づらく感じます。ほとんどが一時的な症状ですが、このような症状を放置することで重篤化したり、通常45歳ごろが初期症状のピークの老眼が早まってしまいます。

スマホ社会で急増中の「スマホ老眼」を予防する5つの方法

スマホ老眼の原因

スマホ老眼の原因は主に2つです。

1つはスマホで小さな文字を見続けること、そしてもう1つがブルーライトです。

スマホは画面が小さいですね。そんな画面で文字を長時間見続けると、ピント調節をする毛様体筋がダメージを受け、ピントが合いづらくなってしまいます。スマホだけでなくタブレットやパソコンを長時間使ってもスマホ老眼の原因になります。

タブレットやスマホの光にはブルーライトが含まれます。ブルーライトは目の虹彩筋に影響を与え、うす暗い場所でも光が入ってこず、見えにくくなります。

短時間なら良いのですが長時間使用すると、スマホ老眼へと進行します。

広告

スマホ老眼の症状

スマホ老眼には、具体的にはこのような症状が起こります。

・近くが見えづらい
・焦点が合いにくい
・目の疲れ
・肩こりや首こり
・頭痛
・うす暗いと見えづらい
・スマホを使用中に遠くを見るとぼやける

長時間スマホを使用する方で、このような症状を感じたらスマホ老眼の可能性が。スマホ老眼は目の異常だけでなく、頭痛や肩こり、首こり、自律神経にも影響を与えます。

日中の長時間使用に加えて、寝る寸前までスマホを使用しているという方は要注意です。

スマホ社会で急増中の「スマホ老眼」を予防する5つの方法

スマホ老眼チェック

自分がスマホ老眼なのかどうか、チェックしてみましょう。

□1日2時間以上使用する
□近距離で見る
□目が乾く
□目の奥が痛い
□スマホを少し離した方が見えやすい
□肩こりや首こりがある
□夕方、スマホ画面が見づらい

いずれか1つでも当てはまるなら、スマホ老眼の初期症状の可能性が。早めに対策をとりましょう。

スマホ社会で急増中の「スマホ老眼」を予防する5つの方法

スマホ老眼を予防する方法

自律神経にまで影響を与えたり、加齢による老眼を早めてしまうスマホ老眼はしっかり予防対策をとることが大切です。とはいえ、スマホ社会でスマホ老眼の予防方法はあるのでしょうか?

スマホの使用時間を減らす

スマホの使用時間を減らして目を休めることが最も有効なスマホ老眼の予防方法です。使用時間を減らせない場合は、休憩しながら使いましょう。

1時間使用したら10分休憩するなど、連続して使わないようにしましょう。

スマホから目を離す

画面と目の距離が近すぎると、目に大きな負担がかかります。良いとされている距離はスマホの画面との距離が40cm以上です。

スマホを持った手を伸ばした状態が約40cmほどになりますので、40cmというとかなりの距離です。あまり現実的な距離ではありませんが、できるだけ目をスマホに近づけないよう意識しましょう。

ブルーライトをカットする

スマホの画面からはブルーライトが出ています。ブルーライトは網膜にダメージを与えます。

スマホを使用するときにはブルーライトカットのメガネをかけたり、フィルターを貼ったりブルーライトカットのアプリを入れたりなど、ブルーライトをカットする工夫をしましょう。

サプリメントを利用する

目に有効といわれるサプリメントを利用するのも方法です。目に良い栄養素を含むサプリメントで内側からのケアもスマホ老眼の予防に役立ちます。

目のサプリメントといえばブルーベリーが有名ですが、老眼予防改善を目的としたサプリメントも販売されています。

目の周りを温める

目の周りを温めるアイマスクなども販売されていますね。目の周りを温めると、緊張していた筋肉がほぐれ、血流も良くなって目の疲れに効果的です。

蒸しタオルや専用のアイマスクを利用しましょう。やり過ぎは逆効果なので、1日1回程度にとどめましょう。

私たちの生活に欠かせない便利なスマホですが、最近ではスマホ中毒やスマホ依存症といわれるほど、スマホが手放せない方も増えています。目だけでなく全身にも悪影響が起こってしまうので、長時間の使用を減らしたり、休憩をとるなど予防していきましょう。