舌の上に付く舌苔を防いできれいな舌をキープする6つの方法
舌苔は口臭の原因の1つとも言われており、人と接する上できちんとケアをしておきたいものです。また、舌苔のケアをするためには原因を知り予防することが大切です。

そこで今回は、舌苔ができる原因と予防法についてご紹介していきます。舌苔のケアの仕方が分からないという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


広告

「舌苔」の正体と付着する原因

舌苔とは

舌苔とは自分の舌の表面に見える白い黄褐色の苔のようなものです。舌苔は舌の機能が正常に働いている証拠にもなり、本来は何も問題はありません。

しかし、何らかの原因によって細菌のバランスが崩れると異常な舌苔になり悪臭や極端に舌が白くなったり黄色になる場合があります。舌苔は自身の健康状態を表しているため、原因を調べることが自身の健康管理にもつながると言えるでしょう。

舌苔が付着する主な原因

1,唾液の分泌が少ない

ストレスや極度の緊張を感じると自律神経のバランスが乱れ、唾液の分泌が少なくなります。唾液には舌の表面に付着した食べかすなどの汚れや細菌を殺菌し、洗い流すという重要な役割があります。そのため、唾液の分泌が減少することで舌苔ができやすくなります。

2,口呼吸

日頃から口呼吸をしていると口内が乾燥しやすくなり、舌苔ができやすくなります。朝、目が覚めたときに口の中が乾燥しているという方は、いびきをかいていたり口呼吸になっているかもしれません。

3,食べかすや細菌

本来舌は上あごに軽く付いている状態ですが、舌の動きが悪かったりすると十分に食べかすを取り除くことができずに、舌苔となる可能性があります。

細菌の場合も同様ですが、舌苔の色が茶色や黒色になるため見分けるポイントにしましょう。

4,体調不良による舌の機能低下

発熱など体調が優れないときは、普段よりも舌苔が厚くなると言われています。慢性胃炎など胃に不調がある場合も同様のことがいえるため、まずは体調を回復させることがポイントです。

舌の上に付く舌苔を防いできれいな舌をキープする6つの方法

舌苔を防いできれいな舌をキープする方

1,舌ブラシを使用する

歯ブラシではなく舌ブラシを使用しましょう。舌苔が気になるからと1日に何回も行なうのは、舌の粘膜を傷つける可能性があるため逆効果です。舌ブラシを使用する場合は、朝起きたとき、1日1回を目安にしましょう。

2,よく噛んで食べる

よく噛んで食事を味わうことで、自然と唾液の分泌量が増えます。唾液が増えることで舌苔も次第に減少していくでしょう。

よく噛んで食べることで満腹感も味わうことができるため、ダイエットしたい方にもおすすめですよ。

3,はちみつを利用する

はちみつにはタンパク質を溶かす性質があると言われており、舌苔予防にも効果が期待できると言われています。はちみつ入りの飴をなめることでも効果が期待できるのでおすすめです。

自然食品で副作用はありませんが、はちみつは糖分が豊富に含まれているため大量に舐めると虫歯の原因につながるめ十分注意しましょう。

4,口内の乾燥を防ぐ

口内が乾燥していると唾液の分泌が減少し舌苔が増えてしまいます。乾燥を防ぐために水分をこまめにとりましょう。

水分もコーヒーやお茶といったカフェインが含まれるものでなく、水がおすすめです。水を飲むことで口内の細菌を洗い流せ、唾液の分泌にもつながりますよ。

5,免疫力を高める

免疫力が低下すると舌苔が増加しやすいと言われています。免疫力を高めるためには規則正しい生活と十分な睡眠・バランスのとれた食事が欠かせません。これをきっかけに、日常の生活リズムを見直してみるのも良いでしょう。

6,舌を動かす

舌の筋肉も加齢とともに衰えていきます。舌苔の予防のためにも意識して舌を動かすようにしましょう。人との会話を増やすことで舌の機能が活発になると言われています。普段からなるべく周りの人と会話することを心がけましょう。

広告

付いてしまった舌苔の取り方

舌苔を除去するときは、舌を傷つけないためにも舌ブラシを使用することをおすすめします。

鏡で舌苔が付着している部分を確認し、舌ブラシを軽く水で濡らし優しく手前に引いていきます。嘔吐反射が出やすい方は、数秒間だけ呼吸を止めましょう。

舌ブラシの先をよく洗い、汚れがつかなくなるまで繰り返していきます。粘膜を保護するためにも1日1回までにしましょうね。

舌の上に付く舌苔を防いできれいな舌をキープする6つの方法

舌苔除去に効果的な食べ物

1,パイナップル・キウイフルーツ

パイナップルやキウイフルーツにはタンパク質を分解する酵素が多く含まれていると言われています。そのためこれらのフルーツを食べることで舌苔が分解され、舌が綺麗になっていきます。

ちなみに、パイナップルを食べると舌がヒリヒリする経験をする方も多いと思いますが、これはパイナップルに含まれる酵素が舌を覆っているタンパク質を取り除いているからと言われています。

唾液ですぐに保護されますが、食べ過ぎには注意しましょうね。

2,アロエ

アロエは傷ややけどに効果があると言われているため、舌が傷ついたことが原因の舌苔にはアロエを塗りましょう。

アロエには保湿成分もあるため、口内が乾燥しやすい方にもおすすめですよ。

舌苔は健康な人にもあるものですが、体調によってにおいが発生する場合があります。においや色が気になる場合は、体が不調を訴えているととらえ原因を突き止めていきましょう。

また、取り除くときは専用の舌ブラシを使用し、優しく行なうことを忘れないでくださいね。