イギリスキャサリン妃が実践したデュカンダイエットで美しく痩せよう

女性の憧れである、
英国のプリンセスとなったキャサリン妃。

そんな彼女も二児の母となりましたが
世界中が注目したのがそのスタイル。

178cmという長身ながらも
日本サイズではおよそXS。

健康的かつ理想的な
そのスタイルの秘密とは?

明らかになったキャサリン妃の
ダイエット方法についてご紹介します。

広告

デュカンダイエットとは

イギリス王子、ウィリアム氏と出会った時
彼女は今よりもふっくらしていたそう。

しかし、ロイヤルウェディング前には、
ワンサイズ落とし、9kgもの減量に成功。

その理想的なスタイルを手に入れた理由が
デュカンダイエットなのです。

デュカンダイエットとは、
段階に分けて摂取する栄養素や
食事の献立を変えるといったもの。

炭水化物をすべてカットする
といった急速な減量では、

リバウンドを繰り返してしまう
傾向があり、肌には強敵な
便秘を引き起こしてしまう事もあります。

その点、デュカンダイエットでは
炭水化物を控える機関が短く、

ストレスも溜まりにくいため、
無理なく続けることができるのです。

デュカンダイエット

1段階目:アタック・フェイズ

この期間は、炭水化物は摂取NG。
牛肉・チキン・魚介類・卵(1日2つまで)

これらの食材のみ摂取する期間となります。

※お肉は脂身の多い皮などはNG※

また、無脂肪の乳製品もOKで、
水は1日2リットル。

なお、1段階目は
体重を何キロ減量したいかによって
日数が変わります。

3~4キロなら1日。

5~7キロなら3日行って下さい。
※10日以上の継続は禁止※

イギリスキャサリン妃が実践したデュカンダイエットで美しく痩せよう

2段階目:クルーズ・フェイズ

この期間では、
タンパク質のみを摂取する日と

タンパク質と野菜のみを摂取する日
これを交互に行い、

目標体重になるまで続けます。

なお、野菜はじゃがいもやニンジン、
かぼちゃやトウモロコシなどの

炭水化物や糖質が多く含まれるものは
避けるようにしてください。

葉物野菜など、緑黄色野菜を
摂取するよう意識しこの期間中も
1日2リットルの水を飲みます。

3段階目:コンソリデーション・フェイズ

この時点で減量には成功していますが、
リバウンドを避けるための
重要な期間となります。

食事はタンパク質をメインに
摂取しますが、1日に1カップの
果物・50gのチーズに麦パン2枚を摂ります。

これら3つの摂取が許可され、
週に2回はライスやパスタなどの炭水化物を

150gまでなら食べて良いとされています。

※バターやオイル、脂質の多いお肉は禁止※

ここで重要なのが、

減量した体重×10日=5キロ減量なら50日間

この食事を続けることです。

4段階目:スタビリゼーション・フェイズ

この期間に到達する頃には、
食欲のコントロールが出来ているため、

タンパク質や脂質の少ない食べ物、
緑黄色野菜の摂取を
心掛けた食生活をすればOK。

なお、週の真ん中、木曜日には、
タンパク質のみを摂取すると
よりスタイル維持が期待できます。

少し食べ過ぎた日の翌日には、
プロテインのみを摂取するなど、
工夫して維持していく事も大事ですね。

健康的なダイエットは
決して短期間では得られません。

リバウンドしない
理想的なスタイル維持の為

試してみる価値のあるダイエット法です。