ダイエットにも効果あり シナモンの効果

シナモンは、インドでは
生姜と並ぶ万能スパイスの一つで、

日本では奈良時代から薬として使われ、

現在も「桂皮」という名の

漢方薬として重宝されています、

シナモンというと、
アップルパイ、シナモンロール、

シナモンシュガー、チュロスなどに
使われることが多いですね。

このシナモン、
実はダイエットにも効果的なのです。

1日0.6gが十分な量で、
摂り過ぎはよくないようです。

特に、後述する

「アップルシナモンウォーター」

は、デトックスダイエットに
効果が高いのです。

広告

シナモンの効果

独特の香りのあるシナモンですが、
このシナモンには様々な働きがあります。

【 1.毛細血管の損傷や老化防止に 】

毛細血管が損傷したり老化してしまうと、
栄養が行き渡りづらくなってしまいます。

毛細血管の外側と内側の細胞を
くっつけているのが、

「Tie2(タイツー)」

という成分です。

このTie2を活性化することで、
毛細血管の損傷や老化が防げます。

それによって、
シミ、クマ、しわ、たるみ、

抜け毛予防、冷え症やむくみ、
高血圧血栓予防に効果的です。

若い方より年配の方ほど
効果を実感しやすいようです。

【 2.脂肪細胞を小さくする 】

脂肪細胞を小さくするので、
ダイエット効果はもちろん、

中性脂肪・コレステロール値を
低下させる働きもあります。

【 3.抗菌作用 】

風邪の予防や改善にも
効果的です。

【 4.発汗作用 】

身体を温めて発汗効果があります。

【 5.健胃作用 】

消化促進作用があるので、
健胃、整腸に良いです。

【 6.血糖値を下げる働き 】

様々な研究で、
スプーン1杯のシナモンが

血糖値を下げることが
報告されています。

シナモンは
1日0.6g程の摂取で十分です。

それ以上過剰摂取しすぎると、
シナモンに含まれる

「クマリン」という成分の影響で、
肝障害を引き起こす可能性があるのと、

香気成分が胎児に影響することがあるので、
妊婦さんは特に注意してください。

ダイエットにも効果あり シナモンの効果

アップルシナモンウォーター

このアップルシナモンウォーターの
ダイエット効果に注目されてきています。

リンゴには食物繊維、
毒素の排出を促すカリウム、

疲労回復効果のあるクエン酸とリンゴ酸
中性脂肪の蓄積を抑える

リンゴポリフェノールなど
ダイエットに効果的です。

また、シナモンとアップルは相性抜群です。

【1】材料

りんご       2個
シナモンスティック 2本
ピッチャー(1.8~2L入るもの)

【2】
作り方

皮付きのままりんごの芯を取り除き、
薄くスライスする。

ピッチャーにりんごとシナモン、
ピッチャーの半分程度の氷を入れる。

さらにその上から、
ピッチャーにいっぱいになるまで
水を入れて冷やす。

1時間~6時間経ったら飲み始めてOK。

引用元
http://news.selfdoctor.net/2014/11/13/3392/

シナモンには主に2種類あります。

スリランカ産のセイロンシナモン、
中国やベトナム産のカシアです。

セイロンシナモンには
先程のクマリンの含有量が少ないので、
安全性ではこちらが良いでしょう。