マイナス3cm!ウエストのくびれを作る腹横筋トレーニング

誰でも持っている体内の矯正下着
「腹横筋」を鍛えることで
ウエストのくびれを手に入れましょう!

「腹横筋」

を鍛えることで、
食後のぽっこりお腹も解消!

さらに、リバウンドしにくいと
うれしい効果も期待できます。

インナーマッスルと呼ばれる
腹横筋の場所と特徴、
そして、トレーニング方法をご紹介します。

腹横筋の特徴と場所?

腹横筋は腹筋群の一部ですが、
中でも一番深部にあり、

かつ一番広範囲に渡り存在する筋肉です。

ちなみに、腹横筋の上にある腹筋群は、
中央部に腹直筋、脇腹から斜めに向かって
外腹斜筋、内腹斜筋があります。

さて、どこにあるのかというと、
左右の肋骨の下の方(みぞおち)から

恥骨の辺りまであります。
まるで亀の甲羅のような形です。

広告

この筋肉は、深い呼吸とともに
肋骨開閉を助ける大切な働きがあります。

それにより、肋骨の内側にある肺に充分な
酸素が送り込まれるのです。

肋骨開閉をする際、ウエストラインの
筋肉を使う為、くびれの促進に、

さらに、呼吸で筋肉を使う事で、
お腹に圧をかけ、ポッコリお腹の解消にも
役立ちます。

トレーニング方法

ベッドの上で、1分で出来る
トレーニング法をご紹介しましょう。

腹筋がない女性用ですので、
気軽にやってみてください。

(1)
仰向けに寝て、
膝を軽く90度ぐらいに曲げます。

(2)
胸の前で両手のひらを合わせ、
顔の上に持ってきます。

※肘は伸ばしましょう

(3)
手を右側の太ももに向けて倒します。

※息を吐きながら下腹を意識しましょう

(4)
息を吸いながら、
手を顔の上に戻します。

(5)
手を左側の太ももに向けて倒します。

※息を吐きながら下腹を意識しましょう

(6)
息を吸いながら、手を顔の上に戻します。

朝起きた時、そして夜寝る前に
呼吸と下腹を凹ませることを意識しながら
やってみて下さい。

腹横筋を鍛えるとさらに嬉しい効果が!

最後にウエストのくびれや
お腹ぽっこり解消以外の効果をご紹介します。

●骨盤が安定し、血液循環があがる
冷え症・むくみの改善

●腹横筋が背骨を支えやすくなる
⇒腰痛対策

●呼吸法で、酸素が身体に多く取り込める
⇒酸素の脂肪分解を促進し、ダイエット効果

●腸の蠕動運動促進
⇒便秘解消

ぜひ1日1分からトレーニング
してみて下さい♪

これから夏に向けて美しいくびれを
目指していきましょう!

参考動画