やってしまった!日焼け後にするべきアフターケア

夏といえば、海やプール、
花火大会など、

楽しいイベントが沢山ありますよね。

しかし、楽しい反面、
日焼け対策を怠ると
大変なことになります。

特にみなさん忘れがちなのが、
足の日焼け対策ですね。

気づくと、ビーチサンダルの形に
くっきり日焼けしていた、
なんてことにもなりかねません。

そこで今回は、やってしまった日焼け後の
緊急アフターケアについてご紹介します。

広告

日焼けのアフターケア方法

その1 冷却と保湿

まず、焼けた部分を冷水で冷やします。
保冷剤や凍らせたペットボトルなどに

タオルを巻いて
当てておくのも良いでしょう。

そして、赤みが引いてきたら
化粧水をたっぷり浸み込ませた

コットンを優しく患部にあてます。
その際、日焼けしたからといって

美白化粧水は
使用しないようにして下さい。

美白化粧水に含まれる成分が
肌に刺激を与えてしまう恐れがあるため

普通肌の方も、敏感肌用の
化粧水を使用することをお勧めします。

※皮膚に赤みや、
ひりひりとした痛みがある時は

化粧水が刺激になる場合があるため、
必ず赤みが引いてから行ってください。

参考動画

その2 乾燥を防ぐ

日焼けしたあとは、
肌が乾燥しやすくなっています。

乾燥すると、皮むけの症状が
酷くなる恐れがあるため

化粧水で保湿した後は、
優しくクリームを塗って下さい。

通常、化粧水の後は
乳液を使用される方が

多いと思いますが
日焼け後の肌は、

炎症を起こしているため、
大変敏感になっています。

肌に触れることで
負担がかかりやすい状態ですから、

化粧水で保湿した後は、
クリームで蓋をすることをお勧めします。

※冷却や保湿を行っても
炎症が治まらずヒリヒリたした

痛みが続く場合や、
紫外線によるアレルギー症状が

出た場合は必ず病院を
受診するようにして下さい。

その3 内側からもケアする

日焼け後は、内側からの栄養と、
水分摂取が大事なポイントです。

通常でも水分摂取は大事ですが、
日焼け後は特に意識して摂取して下さい。

そして、食べるものからも
対策することを心掛けるようにして下さい。

日焼け後は特に、ビタミンCや
ビタミンEを摂取することをお勧めします。

ビタミンCは、
シミを防いでくれる効果があるため

サプリで摂取するのも良いですが
ピーマンやブロッコリーなどの

野菜からも効果的に
摂取できますので、

サプリと合わせて、食べ物からも
取り入れるようにしましょう。

ビタミンEについては、
手軽に摂取できるアーモンドがお勧めです。

その他にも、新陳代謝を
促進する亜鉛やタンパク質も

有効な成分なので納豆やしじみ、
卵や魚なども積極的に
取り入れるようにしていきましょう。

日焼けは、完璧に防ぐ事は難しいものです。
こまめに日焼け止めを塗り直すなど

完璧にケアできれば良いですが、
たとえ日焼けしてしまった後でも、

諦めずに必ずケアをするようにして下さい。
夏でも美白透明肌を維持しましょう!

やってしまった!日焼け後にするべきアフターケア