シミ予防にはコーヒーのクロロゲン酸が効く

紫外線が気になるこの季節。
シミのない肌は、
美肌の第一条件とも言えますよね。

そんなシミ対策には、
意外にも、コーヒーが効果的なのです。

広告

コーヒーの成分

コーヒーの成分と聞くと、
カフェインを思い浮かべますが、美肌

それだけではなく、

「 クロロゲン酸 」

という成分が含まれています。

クロロゲン酸とは、
ポリフェノールの一つで

抗酸化作用があるため、
肌細胞を保護する力があります。

紫外線を浴びると、
「光老化」という皮膚の老化が始まり、

日焼けを繰り返すことで、
シミはできてしまうのです。

そもそもシミというのは、
メラニンという色素が

肌に染み付く事からできる
とされていますが、そのメラニンを

取り込む事を抑えるものこそ
先にご紹介したクロロゲン酸なのです。

また、メラニンの抑制作用については、
クロロゲン酸だけでなく、

コーヒーの生豆、煎豆も
同じ働きをすることが分かったのです。

他にも、ウォーキングの前に
コーヒーを飲むと脂肪燃焼を

促進する働きがあるなど
健康面・美容面において
高い評価を得ているコーヒー。

そこでそんなコーヒーの
効果的な飲み方を
ご紹介していきます。

シミ予防にはコーヒーのクロロゲン酸が効く

飲み方

まず、コーヒーが苦手でない方は、
1日3杯~5杯、飲むことをおすすめします。

これだけで、1日に必要なポリフェノールを
摂取することができるのです。

しかし、空腹時にカフェインを摂ると、
胃に負担がかかってしまう事もあります。

特に、ブラックでコーヒーを飲む方は
注意が必要です。

そのため、一日のうち何杯かは、
ミルクを入れるなど、

少し工夫して摂取するよう
心掛けましょう。

なお、甘いコーヒーが好きな方は、
糖分の取り過ぎになる恐れがあるので

できるだけブラック、またはミルクのみを
入れて飲むようにしてくださいね。

ポリフェノールは、大豆や緑茶、
りんごやワインにも多く含まれているため、

コーヒーだけでなく、
食物からも摂取することで、
バランス良く取り入れていきましょう。