米ぬかパックでマイナス5歳若返る

米ぬかを使ったパックを
されたことはありますか?

米ぬかには、たくさんの
栄養素が含まれています。

米ぬかは、玄米を精米して
白米にする時に出る茶色い粉末で、

新鮮なうちはふんわりした
お米の香りがするのです。

この米ぬかでお顔用のパックをすると、
美白や美肌効果が高いので、

続けることによって
5歳若返ると言っても過言でない位、
透明感が出てキメが整います!

広告

米ぬか美容の効果

米ぬかにはどんな美容効果が
あるのでしょうか?

【 1.栄養が豊富なので美肌効果がある 】

米ぬかには、セラミド、
γ-オリザノール、ビタミン類が

入っていて、これらの成分は
美肌効果が高いのです。

(1)セラミドでバリア機能アップで
しっとり肌に

皮膚のバリア機能の元になる成分で、
皮膚の水分を維持して、
肌が乾燥するのを防ぎます。

肌の乾燥によるかゆみを防ぎ、
透明感のあるしっとりした肌になれます。

(2)γ-オリザノールで美白効果

γ-オリザノールは
抗酸化作用がとても強く、

チロシナーゼという酵素の働きを
抑制するので、

メラニン色素が作られにくくなるので
美白効果もあります。

(3)ビタミンで皮膚代謝を整える

皮膚の新陳代謝を
活発にするビタミンB2、

新しい皮膚を作り表皮細胞を
スムーズにするビタミンB6やナイアシン、

メラニン色素を薄くする
ビタミンCが豊富に入っています。

【 2.栄養成分が肌の奥にしっかり入る 】

界面活性剤などの化学成分の力を借りずに、
栄養成分が肌の奥にしっかり入ります。

米ぬかのビタミンやミネラルは、
肌のバリア機能にも存在する

脂質成分やセラミドが混じり合うことで、
肌なじみの良い成分となっているので
スキンケア効果が実感出来るのです。

【 3.アトピーや
アレルギー性皮膚炎の改善 】

米ぬかに含まれる

「ビオチン」と「アラビノキシラン」

アトピーやアレルギー性皮膚炎の
改善に働きかけるといわれています。

「ビオチン」は、

アレルギー物質を体内に取り込んだ時に
細胞から放出される成分を減らすため、
アレルギー症状を緩和させます。

「アラビノキシラン」は、

免疫力を高めて皮膚炎などを
起こりにくくしてくれます。

【 4.肌質を選ばず使える 】

アトピーやアレルギーの方、
脂性肌や乾燥肌まで肌質選ばず使えます。

乾燥肌の方が使えばしっとりもちもち肌、
脂性肌の方が使えば皮脂のベタつきを抑え
キメ細かい肌になります。

もし肌に合わないようだったら
使用は止めて下さい。

特に米アレルギーの方は注意して下さい。

パックの方法

米ぬかパックでマイナス5歳若返る

それでは米ぬかパックを作って
行ってみましょう!

★準備するもの

・米ぬか  大さじ2
・小麦粉  大さじ1
・ぬるま湯 適量(大さじ1~2)

★作り方

パックが入る位の小さな容器に、
米ぬかと小麦粉を入れて、

ぬるま湯を少しづつ入れて、
ダマにならないように
よくかき混ぜます。

米ぬかと小麦粉の割合も
好みで調整可能です。

サッパリした感触なら小麦粉多め、
しっとりした感触なら米ぬか多めに
配合するといいです。

★パックのやり方

クレンジングや洗顔で
肌の汚れを落とします。

目に入らないように注意しながら、
目の周りと口の周りは避けて
全体に伸ばしていきます。

10分程時間を置いて、
ぬるま湯で洗い流します。

週に1~2回目安に行います。

作り置きはしないで、
1回1回で使い切って下さい。

米ぬか以外は自宅にある
材料で出来るので、
簡単に作れそうですね。

米ぬかはお米屋さんで安価で手に入ります。

もしくは、ご自身で精米を
されていらっしゃる方は、
精米した際に出た米ぬかが使えますね。

ぬか漬け用に使うぬか床のぬかは、
塩や唐辛子などが入っているので
使用しないで下さい。

騙されたと思ってやってみても、
決してお金のかかる美容法でないので
チャレンジしやすいかと思います。

肌の透明感としっとりさは
すぐに実感出来ますよ!