紫外線から肌を守る正しい日焼け止めの塗り方

春から夏にかけて、
レジャーにおでかけをすることが、
楽しみになってくる季節です。

女性のお肌は敏感で、とてもデリケート。
1年を通してお肌のケアが大切です。

保湿をしてプルプルなお肌を目指しても
シミやたるみなどの原因となる
紫外線はそれだけでは防げません。

秋冬の季節は下地で紫外線の予防を
することができます。

春から真夏あたりまでの、
紫外線が強い季節は
油断をしてはいけません。

お肌のトラブルを避けて
美肌の素敵な女性を目指したいですね。

紫外線の予防や、お肌のケアをするために
日焼けに対する知識を学んでみましょう。

広告

日焼けのメカニズム

太陽光によって、日焼けをすることは
みなさんも安易に想像ができると思います。

日焼けの原因は紫外線です。
紫外線は人の目には見えない光です。

人には見えない光が体へ影響を及ぼすので、
中々避けることが難しいのです。

紫外線の種類

紫外線は1つだけではありません。
分類すると、3つからなっています。

UV-A、UV-B、UV-Cに分けられます。

お肌に影響があるのは、
UV-AとUV-Bの2つの波長のことです。

UV-Aは肌を黒くする原因となります。
屋外にいなくても、肌に影響します。

我々の上空の、はるか上の雲を抜けて、
更に窓ガラスも通り抜けます。

すぐに何らかの被害が
出てくるわけではありませんが、
蓄積されると怖い紫外線です。

お肌の潤いなどを守ってくれる
コラーゲンなども壊していきます。

UV-Bは割合としてはUV-Bよりも
太陽から送られてくる量は少なめです。

紫外線の量が少ないとしても、
お肌へ害が早めに影響されてきます。

お肌が赤くなったり、炎症の原因です。
遅れてお肌を黒くする力もあります。

強い紫外線を浴びているうちに、
お肌を守ろうとする、メラニン色素が

多く作られると、そばかすやシミなど
頭を悩ませる原因になります。

目に直接見える可視光線ではなく、
見えない紫外線は怖いです。

シミやたるみ、ひどくなれば皮膚がんや
白内障の原因にもなりかねません。

ただ怖いからといって、何もせずに
悩んでいることはやめた方がいいです。

気になるみなさんは早めにケアをして
対策をしていきましょう。

正しい日焼け止めの塗り方

紫外線から肌を守る正しい日焼け止めの塗り方

どのように日焼け止めを塗ったらいいか。

市販で売られている日焼け止めにも、
種類がさまざまあります。

日焼け止めを購入するときに、
パッケージにはSPFやPAといった
記載がしてあるのがわかります。

PAはUV-Aに対する防御指数です。
PA+やPA++で表わされています。

+が多いほど、お肌を守る効力があります。

日常の生活を送るのであれば、
あまりSPFが高くないもので十分です。

SPFはUV-Bに対するもので、
お肌への炎症への防御指数です。

数値で表示されており、
1SPFで20分間の効力があります。

SPFやPAのレベルを見て、
その時の季節や行く場所によって、
日焼け止めを選ぶと良いでしょう。

自分のお気に入りの、日焼け止めを買って、
さっそく使用してみましょう。

効果的なのは、まず入浴後などの
清潔なお肌に塗っていきます。

日焼け止めはたっぷり使用しましょう。

顔や体などへムラがないように塗ります。
まんべんなく塗りましょう。

力はこめずに優しく塗ってあげます。
まんべんなく塗るには、2回くらいお肌へ
伸ばしてあげる方法がいいでしょう。

普段の生活の中で、気がつかないうちに
汗で流れたり、水を使うことで
日焼け止めが落ちてしまいます。

朝塗った場合は、お昼くらいに
塗り直すことをおすすめします。

夏場などの暑い時期になると、
日焼け止めが落ちやすくなるので、
3時間おきに塗り直しましょう。

清潔な肌がいちばん大切です。
入浴時や化粧を落とす時に
きれいに洗い流しましょう。

参考動画