骨盤底筋群を鍛えてセクシーなお尻にヒップアップしよう

身体の軸が大切だと言われる
バレエダンサーをはじめとする

ダンサーに非常に大切な骨盤底筋群。
これを鍛えると

スタイルが激変 !!

しちゃうそうです。

キュッとあがったセクシーなお尻を
作る骨盤底筋群とは?

そして気になる鍛え方もご紹介しましょう。

広告

骨盤底筋群とは

骨盤底筋群は、
恥骨・尾骨・坐骨にかけて存在し、

子宮や膀胱といった下腹部の
大切な臓器をハンモックのように

支えている筋肉や靭帯の総称です。

これらの筋肉は、骨盤の底に位置していて
肛門や尿道、膣を締める働きをしています。

まだ若くても産後に起こりやすい
尿漏れも、この筋肉の低下が
関係しています。

デスクワークが多い方は
特に衰えがちになる為、要注意です。

骨盤底筋群を鍛えることで得られる効果

骨盤底筋群を鍛えて得られる効果は
ヒップアップだけではありません。

腹筋や背筋、内転筋などの出発点にある為、
鍛えることで、身体の体幹が整い、

自然と背筋が伸び、胸を張れるため
胸もバストアップし綺麗に見えます。

また、骨盤底筋群がしっかり働くことで
女性ホルモンのバランスが整い、

生理不順やPMSの
改善にもつながるのです。

さらに、膣も閉まりやすくなり
感度があがり、妊娠しやすくなる
とも言われています。

鍛えてヒップアップする方法1

まずは座って出来る鍛え方をご紹介しましょう。

(1)
椅子に姿勢良く腰掛け、
おへその下(丹田)を意識し、
ゆっくり腹式呼吸をします。

(2)
ブランケットやクッションなど
厚みがあるものを太ももの間にはさみます。

(3)
太ももの内側に力を入れ、
息を吸いながら、5秒間膣を締めた後
さらに5秒キープします。

(4)
息を吐きながら、力をゆるめます。

これを、繰り返し行うだけです。

膣を締めるとしめるといっても最初は
難しいので、お尻の穴をキュッと
締める感じで構いません。

骨盤底筋群を鍛えてセクシーなお尻にヒップアップしよう

鍛えてヒップアップする方法2

今度は寝転んで行う方法です。

(1)
仰向けに寝て、両膝を軽く90度
曲げます。

(2)
股に、クッションや
ブランケットなどを挟みます。

ここから先は、
座ってやる方法の③~④と同じです。

寝る前などにリラックスして
呼吸を意識しながら約3分行ってください。

少し意識するだけで、
スタイル、日常生活にも
大きな変化があるはずです♪

是非、出来ることから
始めてみましょう!