ココナッツオイルの美肌効果と使い方

ココナッツオイルはお肌に良いと聞きますが使い方に悩んでいる方はいませんか?

美容や健康に活躍するココナッツオイルはお肌を健やかに保ってくれると話題になっていますね。正しい使い方を身につけて美肌になりましょう。

ココナッツオイルって何?

ココナッツオイルは体やお肌に効果があると耳にしますが、ココナッツオイルが何のことなのか、またどのような魅力があるのか分からないという方もいるはずですね。

ココナッツオイルは、南の島などで見かけるヤシの実から採れた植物性の油のことを言います。ヤシの木は暖かい国に生息する植物で主にアフリカや東南アジア、中南米などで多く見かけます。

栄養価も高く、ビタミンEやミネラル、ラウリン酸などの栄養分が含まれ肌を保湿したり体の中に取り入れて代謝や免疫を高める働きがあります。

お肌に関しては、分子が小さいので肌への浸透も良く保湿効果に優れ、べたつかずサラッとした使用感のオイルです。

広告

お肌への効果

お肌に良いと言われる植物にはいろいろありますが、ココナッツオイルもそのひとつですね。お化粧品などで保湿することもできますが、植物由来の成分で保湿できれば肌の敏感な方でも安心ですね。

お肌にはどのような効果があるのか早速見ていきましょう。

効果1.保湿効果

ココナッツオイルの成分は肌の奥までしみ込みやすい構造になっています。保湿成分としてグリセリンが含まれ肌の奥まで浸透して肌を柔らかくしてしっとりとしたお肌に導いてくれます。

効果2.ニキビ予防

ココナッツには、植物由来の天然ラウリン酸が含まれています。天然ラウリン酸には殺菌作用があり細菌などを殺菌してくれる働きがあるほか、免疫力が高まることから体の抵抗力も良くなり細菌と闘う強い体を得ることができます。

ニキビの原因となるアクネ菌や皮膚に常在する黄色ブドウ球菌など菌の数を減少させてくれニキビを防いでくれます。

ココナッツオイルの美肌効果と使い方

効果3.紫外線予防

トコトリエノールと呼ばれるビタミンE成分が抗酸化力を発揮します。メラニンが作られるのを抑えたり、約20%紫外線を防いでくれるなど紫外線予防にも活躍します。

効果4.アンチエイジング

飽和脂肪酸を含み、酸化を防いで肌の老化を遅らせる効果があります。肌の老化は細胞がダメージを受けた結果起こるものですが、ココナッツオイルが分解される段階でケトン体が発生し、細胞の働きが活発になります。

またケトン体の成分が老化の原因となる活性酵素の働きを弱めるためアンチエイジングにも効果があると言われるようになりました。

効果5.アレルギーの改善

母乳と同じモノラウリンの成分が含まれ、免疫力を高めつつ肌を殺菌してくれます。

アトピー性皮膚炎で肌にトラブルが起きてしまうのは、肌に存在する黄色ブドウ球菌が原因ですが、ココナッツオイルの成分が細菌の働きを弱めて皮膚症状を和らげてくれます。

広告

お肌への使い方

実際にココナッツオイルを使ってスキンケアをしたいといった時、どのように使えば良いのでしょうか?正しい使い方をしないと効果が得られないことがあります。

洗顔剤として使う

・ココナッツオイルの量:小さじ1杯程度

(1)ココナッツオイルを手に取って肌に優しく馴染ませます。
(2)ぬるま湯で洗い流したり、温めた蒸しタオルで優しく拭き取るようにします。
(3)いつも使っている洗顔料を泡立てて、顔を洗います。

保湿する

・ココナッツオイルの量:小さじ1杯程度
・ハチミツ:小さじ1杯程度(好みに合わせて使用して下さい)

(1)ココナッツオイルを小皿に入れて、ハチミツを加えます。
(2)1でできたものを顔に塗り約15分放置します。
(3)ぬるめのお湯で優しく洗い流しましょう。

保湿する時は入浴中やお肌が柔らかくなっている入浴後などに行っても良いでしょう。

ココナッツオイルの美肌効果と使い方

まとめ

ココナッツオイルはお肌に使用したり、食事で摂取することで体の内側からもきれいになることができます。難しく考えてしまいがちですが、使い方は簡単なので今日から始められますね。ココナッツオイルをお肌に使って美肌になりましょう。