お尻が垂れる原因とは こんな悪習慣は気を付けて

20代後半にもなると
知らないうちに
お尻は垂れてきます。

20代前半は、高い位置に
あったはずのヒップトップが

いつの間にか下に落ちてきて
30代になると、さらにそれが
だらしなくたわんできてしまう・・・。

さらに40代になると、
ウエストや腰周りについたお肉が

下にさがるとその重さで、
ヒップ全体がさらに下がって
四角いお尻に変形してしまうのです。

恐ろしいですよね・・

出来るだけ早く、原因となる
悪習慣を排除していきましょう。

広告

気を付けるべき悪習慣1位

まず、最大の要因からみて行きましょう。

それは「姿勢の悪さ」です。
大事な所ですので詳しく
ご紹介しますね。

まず、

“筋力低下”

が起こります。

正しい姿勢で立つと、
お尻の筋肉が使われ、
自然とヒップアップされています。

しかし、猫背でいることで、
本来使われるはずのお尻の筋肉が

使われないので筋力が落ち、
代わりに脂肪がつくのです。

次に

“身体や骨盤の歪み”

が起こります。

歪みは、左右の筋肉のバランスを崩す為、
お尻の形が変わってくるのです。

さらに、

“骨盤周りの血流悪化”

も引き起こします。

お尻の筋肉が正しく使われない事で
血流も悪くなり、冷えを引き起こし
老廃物や脂肪がたまってしまうのです。

姿勢の悪さが、お尻の形を崩す理由
お分かりいただけましたか?

まだまだある悪習慣

次に、姿勢だけではない
気をつけたい悪習慣を
いくつかご紹介しましょう。

【 ヒールの靴を履く 】

お尻が垂れる原因とはこんな悪習慣は気を付けて

ヒップアップになりそうですが、
高すぎるヒールは逆効果です。

ヒールを履くと、身体は前傾します。
そうすると、体重が前にかかり
膝を曲げたままで歩くようなります。

いわゆる膝から下だけを使う
日本人特有のチョコチョコひざ歩きです。

この歩き方はお尻を締めることが
できなくなり、筋力低下に繋がるのです。

【 足を組む・横座り 】

足を組む姿勢も、横座りも
左右均等でない姿勢ですよね。

これは「姿勢の悪さ」でもご紹介した
骨盤の歪みを確実に引き起こします。

足を組みかえる、逆に横座りを
するのはナンセンス。

さらに歪みを複雑にするので
絶対に辞めましょう。

【 サイズの小さな下着を履く 】

小さな下着を履くと
お尻は締めつけられ、
血流が悪くなります。

血流が悪いと脂肪は燃えませんので、
同じくお尻が垂れやすくなるのです。

また、締め付けることで
お尻が圧迫され、
形も崩れてしまいますよ。

どうでしたか?
意外とやってしまっている事も
あるかと思います。

気が付いた時はぜひ
直してみましょうね!

日々の習慣が大切です♪