くびれの勘違い!腹筋ではなく腹斜筋を鍛えること

キュッと引き締まったウエストの象徴
“くびれ”を手に入れるには、
腹筋ではなく腹斜筋を鍛えましょう

くびれは、身体の前ではなく
横に出来るので、鍛える場所は
横側の腹斜筋です。

冬の間はまだなんとか隠せていたけれど
薄着の季節が近づくと気になるのが
わき腹のぷよぷよお肉ですね。

サイドから攻めて、
キュッと引き締まった
くびれを手に入れましょう。

手軽に出来る鍛え方、ご紹介します。

腹斜筋とは?

腹斜筋は、そもそもは内臓を守る働きを
していて、あえて使わないと
鍛えられない筋肉です。

腹斜筋が使われず弱ってくると、
代わりに脂肪がついて内臓を守ります。

これが、ぷよぷよと
つかめるわき腹のお肉です。

広告

腹斜筋の場所

腹筋と腹斜筋は違いますので、
場所を確認しておきましょう。

腹斜筋は左右対になっていて、
外腹斜筋、内腹斜筋からなります。

肋骨からわき腹、わき腹から肋骨と
2方向に向かってクロスしてついています。

写真を見ると分かりやすいと思います。

ちなみに、腹筋は、お腹の前側に
縦方向についています。

ついている場所が違うと、
もちろん鍛え方も変わって来ますよ。

鍛え方①

お仕事中や通勤電車の中で、
とっても簡単に鍛える方法から
ご紹介しましょう。

1.姿勢をよくしましょう。
2.意識してお腹を引っ込めます。

これだけでOKです。

知らず知らずに、
姿勢って悪くなりがちですが、
姿勢をよくするだけで、
スタイルまでよく見えますよ。

歩くときも、これを意識すると
腹斜筋が鍛えられ、歩き方も
きれいに見えちゃいます。

鍛えながらスタイルまで
整えられるのはうれしいですね。

鍛え方②

①で腹斜筋の基礎トレーニングをした後は、
少しレベルアップしてみましょう。

難しくはないので大丈夫です。

1.仰向けに寝て、両膝は立てます。

2.両手を頭の後ろで組みます。

3.右の肘を左の膝のお皿につける感じで
上体を起こします。

※上半身を左に捻るイメージです。

4.右肘が左膝のお皿に近づいたら
ゆっくり仰向けの状態に戻します。

5.左肘を右膝のお皿に近づけるように
上体を起こし、ゆっくり元に戻します。

左右交互に10回を1セットにして、
約2~3セットをやりましょう。

参考動画