昔ながらの美容法 米ぬかがイイワケ

今のように洗顔料や
スキンケア製品がなかった昔は、
米ぬかを使っていたそうです。

昔の日本人の肌は、そのお蔭か
とてもキメ細かく色白な方が
多かったようです。

米ぬかは肌質を選ばずに使えるのも
良い点の一つです。

米ぬかは、お米のもとである
玄米を生成する段階で出る
外皮や胚の部分です。

広告

米ぬかの成分

食べて良し、塗って良しの
米ぬかにはどんな成分が
含まれているのでしょうか?

【 1.セラミド 】

お肌のバリア機能アップ効果、
美白効果があります。

【 2.γ-オリザノール 】

コレステロールの吸収を防ぐ効果、
美白効果があります。

【 3.フェルラ酸 】

脳機能改善、高血圧改善、
アルツハイマー予防、
美白効果、高い抗酸化力があります。

【 4.ビタミンB 】

ビタミンB1、B2、B6が豊富です。
皮膚代謝を促す効果があります。

【 5.ビタミンE 】

高い抗酸化力があり、
血行促進効果もあります。

【 6.食物繊維 】

食物繊維が多いので、
便秘を解消して

善玉菌の住みやすい環境に
整えてくれます。

【 7.GABA 】

GABAには、血中の
コレステロールや中性脂肪を減らし、

高血圧に対して血圧降下作用があり、
血圧上昇原因となる

余分な塩分を排出するので、
動脈硬化の予防に効果的です。

【 8.リノール酸 】

このリノール酸にも
コレステロールや中性脂肪を
減らす働きがあります。

他にも、肌に良いとされる
ナイアシン、ビオチン、リン、亜鉛、
カリウムなども入っています。

食べると良い米ぬかですが、
米ぬかは玄米の部分では

最も残留農薬の
蓄積される所でもあります。

お米と違って、
洗って使用できないので

無農薬や安心して食べられる
良質な米ぬかを使うことをお勧めします。

昔ながらの美容法 米ぬかがイイワケ

化粧水の作り方

様々な効果のある米ぬかを使って、
化粧水を作ってみましょう!

★準備するもの

・米ぬか   15g
・日本酒   大さじ1
・水     180cc
・グリセリン 5cc

★作り方

(1)
グリセリン以外の材料を全て混ぜます。

(2)
弱火で約2分程火にかけます。

沸騰させないようにして下さい。

(3)
冷ましてから、
容器に入れてグリセリンを入れます。

【 使用期限 】

2~3日位で使い切って下さい。

昔の人は米ぬかを使って
お肌のお手入れをしていた方も多く、

白く透明感のあるお肌は
米ぬかのお陰だったのかもしれません。

美白効果もあり、
お肌がすべすべになっていきます。

どんなお肌の方には使える米ぬかですが、
お肌に合わないようでしたら、

無理して使用せず
ご使用を止めて下さい。