美肌作りの正しい化粧水の使い方

スキンケアでまず初めに行うのが
化粧水ですよね。

そんなスキンケアの定番である
化粧水ですが、

正しい使用方法があることは
ご存知でしょうか?

正しい使い方をしていないと、
せっかくのお気に入りの化粧水も

うまく肌に浸透されていない
可能性もあるのです。

そこで今回は、化粧水の
正しい使い方についてご紹介しますね。

広告

正しい化粧水の使い方

1.つけるタイミング

朝の洗顔後は、すぐスキンケアを
行うことができますが

夜は入浴後に
スキンケアを行いますよね。

洗う順番は人それぞれかと思いますが、
化粧水は洗顔後、
すぐにつけることが大事です。

洗顔した後は、肌が無防備な状態です。
そのままの状態で時間が経ってしまうと、

乾燥がすすんでしまうのです。

そのため、
クレンジングは先に行っても、

洗顔はお風呂を上がる直前に
行ってください。

2.目的をにあった化粧水を選ぶ

現在、化粧水にも沢山の種類があります。

美白成分をもっとも多く含んだ、
美白用の化粧水や、

保湿成分入りの化粧水
収れん化粧水というものもあります。

収れん化粧水とは、主に
化粧水・乳液にてのケア後に
使用するものです。

また、収れん化粧水は
アルコール成分が含まれているため

皮脂のコントロールや
毛穴の引き締めに効果があります。

しかし、敏感肌の方にとっては
アルコール成分が、

刺激になってしまう可能性もあるため
成分表などを確かめながら

目的にあった化粧水を
購入するようにして下さいね。

3.敏感肌の方は手でつける

美肌作りの正しい化粧水の使い方

化粧水は、コットンを使った方が
肌に浸透しやすい為

コットンを使うことは
効果的ではあります。

しかし、敏感肌の方にとっては、
コットンが刺激になる場合もあるため、

優しく手で肌を覆うように
馴染ませる事をお勧めします。

また、手でつける際は、
掌に多少化粧水が浸透してしまいますが

二度づけすることで、
しっかり肌に浸透させることができます。

その際は必ず、叩いたりせず、
優しく包み込むように肌に触れて下さい。

小鼻や目元なども、指の腹で
優しく浸み込ませるようにすると
乾燥を防げます。

このように、肌質の違いによっても
選ぶべき化粧水が異なりますし、

使用方法についても
ご自分の肌質にあった方法を

行うことで効果的に化粧水
を浸透させることができるのです。

正しい使い方で行うことが
美肌への第一歩に繋がります。

ぜひ今一度ケア方法を
確認してみて下さいね。