お肌がもっちもち 米ぬか美容法とは

お肌がもっちもち 米ぬか美容法とは

米ぬかとは、玄米を白米へと
生成する際にとれる
外皮の胚の部分のところです。

栄養素が豊富なことは有名です。

ぬか漬けの際によく
使われる米ぬかですが、

米ぬかは古くから、
肌の汚れを落として、

老化予防や美白効果があるとされ、
石鹸として用いられていました。

食べて良し、肌に付けても良しの
米ぬかをご紹介したいと思います。

広告


米ぬかがいいわけ

米ぬかにはどんな
良さがあるのでしょうか?

【 1.何と言っても栄養素が豊富 】

米ぬかは玄米を食べたのと同じ位の
栄養効果があります。

(1)ビタミンB1やB2

疲労回復、脂肪分解、妊娠中毒症を緩和
貧血防止の効果があります。

(2)ビタミンE

血流を良くする効果、肌のシミ・シワ予防
更年期障害の改善などの効果があります。

(3)アミノ酸

運動による疲労回復効果、睡眠状態の改善、
肝機能向上、お肌や膝のコラーゲン生成促進
などの効果があります。

(4)ナイアシン

粘膜や皮膚を健康に保ち、二日酔い予防、
血行促進効果などがあります。

【 2.美白効果  】

米ぬかにはビタミンEが豊富です。

このビタミンEには、
メラニン色素の生成を
抑える効果があります。

紫外線からのメラニン色素の
増殖を抑えるガンマオリザノールという
米ぬか特有の成分も入っています。

米ぬか美容レシピ

そんな食べて良し、
お肌に塗って良しの米ぬかを
生かさないのはもったいない!

ということでお肌に効果的に作用する
米ぬかの使い方をご紹介致します。

お肌がもっちもち 米ぬか美容法とは

【 1.米ぬかで洗顔 】

お化粧はあらかじめ落としておきます。

(1)直接米ぬかを肌につける

お顔を濡らして、
スプーン1~2杯の米ぬかを手に取り、

水かぬるま湯を適量加え、
よく混ぜたものをお顔に伸ばして
優しく洗います。

少しスクラブっぽくなるので、
敏感肌の人には刺激になりますので
気を付けてください。

オイリー肌で週2、通・乾燥肌で
週1位の洗顔で充分なのだそうです。

古い角質が取れて、
とてもつるつるになります。

(2)ぬかを袋に入れて使う

木綿の布、もしくはハンカチなどの布に
米ぬかを包んで、米ぬかが

こぼれないように口を紐などで
縛るか縫い合わせるかします。

お顔を濡らします。

このぬか袋をぬるま湯に浸します。

袋から染み出るぬかの白い液を、
袋ごとお肌に押し当てながら洗います。

後肌は、意外にもサッパリしているけれど、
すべすべした感触になります。

※使用した中身のぬかは捨てましょう。

【 2.米ぬかパック 】

★準備するもの

・米ぬか 小さじ2
・小麦粉 大さじ1
・水かぬるま湯 少々

★作り方

全ての材料を混ぜ合わせます。

量もその時のお好みや肌の状態で、
変えてみて下さい。

小麦粉を多くすればサッパリした感触に、
少なければしっとりした感触になります。

お水も多いと、
緩くて垂れてくるので
気を付けて下さい。

ダマにならないようにかき混ぜます。

【 米ぬかパックのやりかた 】

お化粧はあらかじめ落として
洗顔をしておきます。

目に入らないように気を付けて、
目の周りと口の周りは避けて
米ぬかパックを伸ばしていきます。

10分位放置して、
ぬるま湯で流します。

頻度は週1~2回が良いです。

洗い流した後の肌は透明感が出ます。

※日持ちしないので、
作り置きはしないで下さい。

【 3.米ぬか入浴剤 】

★作り方

米ぬかパックと同じように
木綿の布かハンカチなどに米ぬかを包んで、

米ぬかがこぼれないように
口を紐などで縛るか縫い合わせます。

それを浴槽に入れます。

アトピー、敏感肌の人にもお勧めです。
お肌がスベスベになります。

※米ぬかは1回で捨てて下さい。

【 4.米ぬか化粧水 】

★準備するもの

・米ぬか   15g
・日本酒   大さじ1
・水     180cc
・グリセリン 5cc
・保存用ボトル
・鍋

★作り方

鍋に米ぬか、日本酒、水を入れて
火にかけます。

沸騰させないように、
弱火で2分位かき混ぜます。

冷ましたら、
保存容器に移してから
グリセリンを加えます。

【 5.米ぬかヨーグルト 】

ヨーグルト150g、フルーツ適量、
米ぬかスプーン2杯を入れて混ぜます。

米ぬかの栄養素、
フルーツのビタミンと食物繊維、

ヨーグルトのカルシウムとたんぱく質と
乳酸菌が一度に摂れます。

米ぬかについてご紹介致しましたが、
実際米ぬかってどこで手に入るのかというと

一般の方が手に入れやすいのは、
お米屋さんかもしれません。

ご自身でお米を精米されるなら、
その際に出る米ぬかを使うと良いでしょう。

スーパーでは、
既に火が通っている「炒りぬか」や
ぬか漬け用の「ぬか床」があります。

使うなら、「炒りぬか」か
お米屋さんで買う「生ぬか」が良いです。

ぬか床用は塩分があるので不向きです。

米ぬかは安価でたくさん量があるので、
惜しみなく使えますよ!


参考動画

広告




広告

このページの先頭へ