左右非対称は改善できる!顔の「歪み」を矯正する5つの方法

 

「目の大きさが左右で違う」「片側だけ法令線がある」などが気になっている方も多いのではないでしょうか。人間の顔は左右非対称であることが多いですが、それは顔に歪みが生じているからです。歪みを解消すれば顔を左右対称へと改善することは可能なのです。

そこで今回は、顔の歪みの原因を突き止め、歪みを矯正する方法をご紹介していきましょう。

広告

顔が歪む原因って?

顔の歪みを気にしている方は多いですが、実は顔が左右対称という方のほうが少ないです。顔の骨は動きやすく歪みやすい部分です。

顔が歪んでしまう原因は非常にたくさんあります。

・歯のかみ合わせが悪く噛みやすい方ばかりで噛んでいる
・頬杖をつく
・左右で視力が違う
・姿勢が悪い
・バッグを持つ手がいつも同じ
・片足に重心をかけて立つ
・同じ方向を向いて寝る・・・

このように顔の歪みの原因は非常に様々で、顔だけでなく体の歪みも顔の歪みにつながってしまいます。普段このような顔を歪ませてしまう癖があるという方は、一度見直してみましょう。

左右非対称は改善できる!顔の「歪み」を矯正する5つの方法

顔が歪むとどんな影響がある?

顔が歪んでいる状態を放置するとどのような影響が出てくるのか気になりますね。

・左右どちらかだけ小じわや法令線が目立つ
・片方の頬がたるむ
・顔が大きくなる
・口が開けづらくなる
・虫歯になりやすい
・肩こりや首こり
・頭痛
・顎関節症
・内臓機能の低下・・・

こういった影響が出てしまいます。

美容面においても健康面においても顔の歪みを放置するのは良くありませんね。

顔の歪みが健康面に与える影響はすぐに出るものではなく、歪みによる影響が少しずつ長年にわたって蓄積されることによって不調としてあらわれはじめます。

広告

顔の歪みチェック

顔の歪みを改善する前に、自分の顔が「どのように」「どれくらい」歪んでいるのかを、確かめることから始めましょう。

顔の歪みを確かめる方法は、スマホやデジカメを用いて自分を真正面から写します。それをプリントアウトし、定規を使って左右の眉尻、左右の目尻、左右の口角を線で結んでみて下さい。

そうすることで線がまっすぐではなく、斜めになっているなら歪みが生じているということになります。斜めになった線の角度が急になるほど歪みの程度はひどくなります。

また額の真ん中から顎先まで縦に線を引くことで左右の違いをチェックすることができます。

わざわざ写真を撮るのが面倒という方は、割り箸をくわえて鏡を見てみましょう。割り箸が床と平行ではないなら歪みがあることになります。

他の方法としてはスマホのアプリを利用するという方法もあります。顔の歪みを簡単にチェックしてくれる機能があるアプリを使えば歪みのあるなしや程度もわかりやすいですね。

左右非対称は改善できる!顔の「歪み」を矯正する5つの方法

顔の歪みを矯正する方法

顔の骨は動きやすいので、比較的簡単に矯正することができます

頬の歪みを矯正する 1

左右の頬の高さが違うとにっこり笑ったときに気になりますね。

1.こぶしを握り、人差し指を立てる
2.人差し指を曲げる
3.第二関節を頬骨の下に当てる
4.顔の外側、斜め上方向に持ち上げるように力を入れる
少し痛みを感じますが5秒ほどがんばりましょう。

頬の歪みを矯正する 2

1.頬骨の下にある「かんりょう」というツボを押し上げるように親指で押す
2.そのまま「あいうえお」と大きな口を開けながら声に出す

頭蓋骨の歪みを矯正する

頭蓋骨の歪みは顔の歪みにつながりますので、しっかり矯正しましょう。

1.両掌を側頭部(耳の上)に当てる
2.後ろへ引っ張るように5秒ほど押す
骨を意識するように行いましょう。

顎の歪みを矯正する

1.左右のこめかみ部分に手のひらを当てる
2.大きく口を開けたり閉じたりを30回ほど繰り返す
3.下顎を左右に30回ほどずらす

割り箸を使った矯正

割り箸を使った矯正方法もあります。

1.割り箸を口にくわえる
2.歪みをチェックしたときに下がっていた方の口角側の奥歯で3分間力を入れて噛む
3.左右の奥歯で5分噛む
左右の奥歯で噛むときも、口角が下がっている方の奥歯により力を入れましょう。

顔の歪みは1度の矯正では完全に取ることはできませんし、歪みの原因を改善しなければまたすぐに歪みが生じてしまいます。ですから毎日続けることが大切です。

顔の歪みを矯正することで、肩こりや首こりの改善にもつながります。

左右非対称は改善できる!顔の「歪み」を矯正する5つの方法

顔の歪みは骨盤の歪みも影響する

顔の歪みは顔や頭蓋骨だけの問題ではなく、骨盤が歪んでいることでも生じてきます。

顔の歪みを矯正しても骨盤の歪みがあるままでは再び顔に歪みが生じてきます。顔の歪みをきちんと改善するためには、同時に骨盤の歪みも解消することが大切です。

女性の骨盤は妊娠出産のあることから男性と比較すると歪みやすい構造になっています。

ですから1日の終わりに骨盤の歪みを矯正してリセットしてから眠るようにしましょう。

骨盤の歪みを矯正するやり方はいろいろありますが、どこでもできて簡単なのが、腰を左右にぐるぐる回すやり方です。

足を肩幅に開き、右に30回、左に30回回しましょう。

顔の歪みを矯正して、左右対称シンメトリーな美人を目指しましょう。