嫌いな人も、好きになる?パクチーの驚くべき効能

パクチーはお好きですか?

無理無理、絶対食べられない!
という方もいれば、

結構好きかも!という方もいる、
好き嫌いが分かれる食材です。

パクチーは、中華料理、タイ料理、
インド料理、メキシコ料理、

ポルトガル料理など
幅広く使われます。

タイ料理ではトムヤムクン、
ベトナムでは生春巻きやフォーなどで
使われることで有名ですね。

広告

パクチーの成分

独特の香りのする香草である
パクチーはセリ科の一年草で、

果実や葉を乾燥させたものを
香辛料として「コリアンダー」

生葉が「パクチー」になります。

コリアンダーとパクチーは
同じ植物だったのです。

地中海東部原産で、
この地域では古くから
食されてきました。

茎や葉には独特の芳香があり、
熟した果実には
レモンにも似た香りがします。

このパクチーは栄養が豊富な香草で

ビタミンA、B2、C、E

が豊富に入っています。

パクチーの効果

嫌いな人も、好きになる?パクチーの驚くべき効能

【 1.デトックス効果 】

私達は普段の生活で、
水銀や鉛などの重金属を

知らず知らずの間に
溜めこんでしまっています。

この重金属が体内で溜まっていくと、
血流が悪くなって吹き出物や
クマなどの肌トラブル、

フケなどの頭皮トラブルにも
なってしまいます。

パクチーには、この重金属などを
デトックスする効果があるのです。

【 2.アンチエイジング効果 】

体内に活性酸素が増えると、l
シミ、しわ、動脈硬化、ガン、
糖尿病などの症状が出てきます。

パクチーには抗酸化力に
優れた野菜という実験結果が出ています。

活性酸素を抑える力は、
大豆の約10倍と言われます。

よって、
活性酸素の発生を抑えてくれるので、
アンチエイジング効果があるのです。

【 3.消臭効果 】

体臭の原因となる活性酸素の働きを
抑える効果があります。

【 4.食欲増進、消化器官活性化 】

あの独特な味と香りに、
食欲増進効果があります。

【 5.虫よけ 】

パクチーを食べることで、
パクチーの香り成分が汗に混ざり、

それが放出されることで
虫を遠ざけてくれるようです。

そんなに効果があるなら、
たくさん食べてしまいたくなりますが、

食べ過ぎると人によっては
下痢や頭痛の症状がでることもあるので、
気をつけて下さい。

日本料理で使われることはないですが、
エスニック料理ブームで

最近ではスーパーで販売されて、
入手しやすくなりました。

デトックスやアンチエイジング
活用させたいですね!